経営者

社長が名前だけの会社

当社に資金繰り等の相談をして下さる会社というのは、様々な問題を抱えていることが多く、その中には、社長は名前を貸しているだけで、本当の社長は別にいるという会社に出会うことがあります。

本当の社長が過去に会社を経営していたけども、金融機関に迷惑をかけてしまった経験があるので、表に出づらいため代表者を別の人にしているのです。あと刑務所に入っていたためという方もいました。

結婚している方ですと奥さんを社長にすることが多いのですが、それ以外にも知人や特殊な関係の女性、会社の元従業員だった人がいました。

本当の社長が業務を取り仕切っていますから、それでもかまわないように思いますが、一つ問題になることがあります。

名前だけの社長のほとんどは会社の事業内容に関して理解が不十分であるため、金融機関や日本政策金融公庫(以下、公庫)等との面談でうまく説明ができないのです。

奥さんや知人等でその事業に関する経験がなく、突然社長を頼まれて引き受けても業界のことがよくわかっていないので、面談をしていると担当者は「この人、社長とはいってもあまり自社のことや業界のことを知らないので、本当の社長が別にいるのではないか」と疑うのです。

特に、起業時の資金調達先として公庫の創業融資を選択される方が多いと思いますが、1時間程度の面談の中で事前にちょっと勉強した程度だと、しどろもどろな説明となってしまうのです。

そうなると審査にも影響してしまいます。

公庫は業界での勤務経験を重視します。したがって、面談で全く会話にならないのでは資金調達の可能性はほぼ無いのです。上手く審査をくぐり抜けられる可能性もあるかもしれませんが、まず期待しない方がいいでしょう。

金融機関からの資金調達が不要なら誰が社長でもかまわないかもしれません(本当の社長が代表者になるべきだと思いますが)。しかし、必要なのでしたら、自分が代表者にどうしてもなれないのであれば業界に詳しい人を代表者にする、または代表者がある程度知識と経験を積んでから融資を申し込むようにしたほうがいいです。

そうしないとせっかく事業を開始しても、期待していた資金調達ができず事業がストップしてしまい、お金と時間の無駄になってしまうかもしれません。

 

クリックをお願いします


社長ブログ ブログランキングへ

見た目前のページ

期限の利益次のページ

ピックアップ記事

  1. あきらめずにぜひご相談を
  2. リスケジュールのすすめ
  3. 当社は記帳代行も行っています
  4. 経営コンサルタント+税理士で御社の経営を支援
  5. 認定支援機関の活用

関連記事

  1. 経営者

    社長は定期的にチェック

    最近、ビートたけしさんの独立から始まったオフィス北野の問題が大きく取り…

  2. ブログ

    経営者保証に関するガイドラインの活用実績

    経営者保証に関するガイドラインが平成25年12月5日に公表され、翌年2…

  3. 経営者

    経営者個人の支出(住宅ローン)見直し

    経営者としては、自社の業績が悪化し始めると、売上拡大と経費削減を考える…

  4. 中小企業経営

    自殺者数が増加

    警察庁のホームページでは、自殺者数に関する資料が公表されています。8月…

  5. 経営者

    評価される・されない発言

    金融機関の担当者は、経営者の言動をよくチェックしています。中小企業は経…

  6. 中小企業経営

    山形県の百貨店「大沼」に投資会社が出資

    山形県の老舗百貨店「大沼」は赤字が続き、自助努力だけでの対応は難しいと…

資金繰りコンサルタントのブログとは

資金繰りや経営改善、金融機関との銀行融資取引、経理業務でお困りの中小企業経営者を応援するブログです。資金繰りや経営の改善、金融機関との上手な付き合い方を中心した内容で、東京都千代田区・千葉県市川市より情報発信します。

無料・有料相談を実施中です。詳しくは当社HP「無料・有料相談のご案内」をご覧ください。

ピックアップ記事

バックナンバー

おすすめ記事

  1. ブログ

    後になって値引きを要求してくる取引先
  2. 中小企業経営

    「○○しなければならない」を捨ててみる
  3. 資金繰り

    資本性借入金の提案
  4. 金融機関に関するニュース

    77震災時元本免除特約付融資
  5. エム・エヌ・コンサルからのご案内

    2018年(平成30年)夏季休暇のお知らせ
PAGE TOP