資金繰り

お金を借りるということ

金融機関からお金を借りるということは、本来、借りたお金を元手に商売をしてお金を増やして会社を成長させるのが目的といえます。

  • 借入金によって商品代金を支払い、回収された販売代金で借入金の返済と利息の支払いを行い、資金を残す。
  • 機械の購入によって受注量を増やし売上高が増加し、それによって生み出された利益で借入金の返済をしていく。

このように金融機関から借り入れをしてお金を増やし、金融機関に返済しても手元に残していく、これこそが本来のお金を借りるということなのです。

しかし、赤字を補填するための借入金であるとしたら、元手を使ってお金を増やすことはないでしょう。そうなれば、支払利息が増加してより一層経営を苦しくするだけなのです。

皆さんの会社の決算書にも、そのような赤字補填を目的とした借入金が計上されていませんか?

粉飾決算することによって、あるいは高金利の金融会社から資金調達はできるかもしれません。ただ、赤字補填目的に金融機関から借り入れを続けているようでは単なる延命であり、いつかは経営破綻するでしょう。

だから、金融機関は借り入れの申し込みがあると、資金使途と返済原資を厳しくチェックするのです。

本来の借り方(借りたお金を元手に利益を生みだし返済していく)ができなくなっているということは、自社に様々な問題を抱えているということでもあります。

業績が悪化した企業を対象にした(セーフティネット)貸付や保証制度等がありますし、金融機関も融資先獲得があるので審査が緩いケースもあるでしょうが、正しい借り方ができていないということは経営改善が必要ということになります。

もし皆さんの会社がそのようになってしまっているとしたら、まだ借りられるからと安心せず直ちに経営の問題点を見つけ改善するようにしましょう。

クリックのご協力をお願いします


社長ブログ ブログランキングへ

ピックアップ記事

  1. 経営セカンドオピニオンは全国対応にしました
  2. 融資を受けられない中小企業様へ
  3. 経営コンサルタント+税理士で御社の経営を支援
  4. 古い情報よりも専門家の最新アドバイスを
  5. あきらめずにぜひご相談を

関連記事

  1. ブログ

    4月から見直された信用補完制度がスタート

    このブログでも以前ご紹介しましたが、見直された信用補完制度が平成30年…

  2. ブログ

    担保があっても融資が出るとは限らない

    面談相談で決算書を拝見しながら資金調達の可能性についての話になることが…

  3. ブログ

    競争が激化しているファクタリング業界

    1月まではほとんどなかったのですが、2月下旬から当社のホームページにア…

  4. ブログ

    銀行融資に頼らない資金繰りを目標に

    銀行から融資を受ける場合、必ず聞かれるのが資金使途です。資金使途は大き…

  5. ブログ

    「借りられる」と「返せる」は別です

    経営者やコンサルタントの中でも考えは様々ですが、銀行から「借りてくれ」…

  6. ブログ

    事業性評価は浸透している?

    「事業性評価」というキーワードが出てきてから3年になります。&…

ピックアップ記事

2017年1月
« 12月   2月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

おすすめ記事

  1. ブログ

    ローカルベンチマーク
  2. ブログ

    世の中の変化を感じます
  3. その他いろいろ

    江戸・TOKYO技とテクノの融合展2018
  4. ブログ

    4月からのセーフティネット保証5号の指定業種について
  5. ブログ

    値下げは避ける
PAGE TOP