資金繰り

お金を借りるということ

金融機関からお金を借りるということは、本来、借りたお金を元手に商売をしてお金を増やして会社を成長させるのが目的といえます。

  • 借入金によって商品代金を支払い、回収された販売代金で借入金の返済と利息の支払いを行い、資金を残す。
  • 機械の購入によって受注量を増やし売上高が増加し、それによって生み出された利益で借入金の返済をしていく。

このように金融機関から借り入れをしてお金を増やし、金融機関に返済しても手元に残していく、これこそが本来のお金を借りるということなのです。

しかし、赤字を補填するための借入金であるとしたら、元手を使ってお金を増やすことはないでしょう。そうなれば、支払利息が増加してより一層経営を苦しくするだけなのです。

皆さんの会社の決算書にも、そのような赤字補填を目的とした借入金が計上されていませんか?

粉飾決算することによって、あるいは高金利の金融会社から資金調達はできるかもしれません。ただ、赤字補填目的に金融機関から借り入れを続けているようでは単なる延命であり、いつかは経営破綻するでしょう。

だから、金融機関は借り入れの申し込みがあると、資金使途と返済原資を厳しくチェックするのです。

本来の借り方(借りたお金を元手に利益を生みだし返済していく)ができなくなっているということは、自社に様々な問題を抱えているということでもあります。

業績が悪化した企業を対象にした(セーフティネット)貸付や保証制度等がありますし、金融機関も融資先獲得があるので審査が緩いケースもあるでしょうが、正しい借り方ができていないということは経営改善が必要ということになります。

もし皆さんの会社がそのようになってしまっているとしたら、まだ借りられるからと安心せず直ちに経営の問題点を見つけ改善するようにしましょう。

クリックのご協力をお願いします


社長ブログ ブログランキングへ

忙しい銀行員の手助けをしてあげましょう前のページ

親族や知人からの資金調達次のページ

ピックアップ記事

  1. 悪質な粉飾決算は絶対にやめましょう
  2. 経営改善ができない経営者さんへ
  3. 古い情報よりも専門家の最新アドバイスを
  4. 融資を受けられない中小企業様へ
  5. 会社の健康診断をしていますか

関連記事

  1. 中小企業支援制度

    顧問先のモニタリングに行ってきました

    今日は、顧問先企業様の経営改善が順調か確認するため千葉市まで行ってきま…

  2. 資金繰り

    資金繰り表の作成は深く悩まない

    自社の経営について真面目に考えている経営者というのは、これまでの経営結…

  3. ブログ

    キャッシュの出を減らす

    キャッシュフローを改善するには、キャッシュの「入りを増やす」そして「出…

  4. 資金繰り

    オーバーリース

    数年前ちょっとだけお付き合いした経営者さんから電話がありました。「ちょ…

  5. 資金繰り

    12月の資金繰りについて

    12月はいろいろ資金繰りが忙しい月ですから、以下の点について注意してく…

  6. 中小企業支援制度

    リース料支払い猶予

    新型コロナウイルスの影響を受けている企業は、まず固定費削減を実行し利益…

資金繰りコンサルタントのブログとは

資金繰りや経営改善、経理業務でお困りの中小企業経営者を応援するブログです。資金繰りや経営の改善、金融機関との上手な付き合い方を中心した内容で、東京都千代田区より情報発信します。

無料・有料相談を実施中です。詳しくは当社HP「無料・有料相談のご案内」をご覧ください。

ピックアップ記事

バックナンバー

おすすめ記事

  1. 銀行融資

    金融検査マニュアル廃止後、企業がするべきこと
  2. 中小企業経営

    顧問先と4回目のモニタリング報告
  3. エム・エヌ・コンサルからのご案内

    近代セールス2019年7月1日号に執筆記事が掲載されました
  4. 中小企業経営

    30年ぶりの虫歯
  5. その他いろいろ

    クレジットカードの現金化は利用しないで
PAGE TOP