資金繰り

お金を借りるということ

金融機関からお金を借りるということは、本来、借りたお金を元手に商売をしてお金を増やして会社を成長させるのが目的といえます。

  • 借入金によって商品代金を支払い、回収された販売代金で借入金の返済と利息の支払いを行い、資金を残す。
  • 機械の購入によって受注量を増やし売上高が増加し、それによって生み出された利益で借入金の返済をしていく。

このように金融機関から借り入れをしてお金を増やし、金融機関に返済しても手元に残していく、これこそが本来のお金を借りるということなのです。

しかし、赤字を補填するための借入金であるとしたら、元手を使ってお金を増やすことはないでしょう。そうなれば、支払利息が増加してより一層経営を苦しくするだけなのです。

皆さんの会社の決算書にも、そのような赤字補填を目的とした借入金が計上されていませんか?

粉飾決算することによって、あるいは高金利の金融会社から資金調達はできるかもしれません。ただ、赤字補填目的に金融機関から借り入れを続けているようでは単なる延命であり、いつかは経営破綻するでしょう。

だから、金融機関は借り入れの申し込みがあると、資金使途と返済原資を厳しくチェックするのです。

本来の借り方(借りたお金を元手に利益を生みだし返済していく)ができなくなっているということは、自社に様々な問題を抱えているということでもあります。

業績が悪化した企業を対象にした(セーフティネット)貸付や保証制度等がありますし、金融機関も融資先獲得があるので審査が緩いケースもあるでしょうが、正しい借り方ができていないということは経営改善が必要ということになります。

もし皆さんの会社がそのようになってしまっているとしたら、まだ借りられるからと安心せず直ちに経営の問題点を見つけ改善するようにしましょう。

クリックのご協力をお願いします


社長ブログ ブログランキングへ

忙しい銀行員の手助けをしてあげましょう前のページ

親族や知人からの資金調達次のページ

ピックアップ記事

  1. リスケジュールのすすめ
  2. 経営改善に必要なこと
  3. 古い情報よりも専門家の最新アドバイスを
  4. 悪質な粉飾決算は絶対にやめましょう
  5. 認定支援機関の活用

関連記事

  1. 経理業務

    資金繰り表の作成は不可欠

    みなさんの会社では資金繰り表を作成していますか。みなさんの会社…

  2. 資金繰り

    リスケジュールのタイミング

    リスケジュールをするというのは、経営者にとっては非常に強い抵抗感がある…

  3. 中小企業経営

    売上債権の管理強化を

    中国のウイルス問題、国内では百貨店の倒産や消費税率引上げ、オリンピック…

  4. 中小企業支援制度

    民間金融機関における実質無利子・無担保融資

    新型コロナウイルス感染症の影響で売上が減少した中小企業を対象に、民間金…

  5. 資金繰り

    キャッシュの入りを増やす

    キャッシュフローを改善するには、キャッシュの「入りを増やす」か「出を減…

  6. 資金繰り

    消費税額把握していますか?

    消費税というのは、顧客に販売した代金を徴収した際に預かり、経費と一緒に…

資金繰りコンサルタントのブログとは

資金繰りや経営改善、金融機関との銀行融資取引、経理業務でお困りの中小企業経営者を応援するブログです。資金繰りや経営の改善、金融機関との上手な付き合い方を中心した内容で、東京都千代田区・千葉県市川市より情報発信します。

無料・有料相談を実施中です。詳しくは当社HP「無料・有料相談のご案内」をご覧ください。

ピックアップ記事

バックナンバー

おすすめ記事

  1. 中小企業経営

    退職代行
  2. 中小企業支援制度

    資本性借入金のアクセス増加
  3. 銀行融資

    狙いは集金だけではない
  4. 資金繰り

    ノンバンク
  5. ブログ

    9月の融資対応は早めに
PAGE TOP