資金繰り

売上債権回転期間

売上債権回転期間とは、売上債権(受取手形や売掛金等)が現金として回収されるまでの期間を示す指標です。

売上債権回転期間の計算式は以下のようになります。

売上債権回転期間=売上債権/月商(ヶ月)

売上債権について

一般的には「売上債権=受取手形+売掛金」となりますが、勘定科目にとらわれず売上代金の未回収分(未収入金を利用している企業もあるかと思います)があればそれも加えます。また、割引手形や裏書手形について、受取手形を直接減額処理している場合は、割引手形や裏書手形の金額も加える必要があります。なお、販売前に前受金を受け取っている場合は、売上債権から前受金分を引くことが必要です。

月商について

何か月分の売上債権があるかは、月商を使うことで求めることができます。決算書から求めるとしたら、売上高を12で割って平均月商を求めますが、売上高が月によって変動が大きいようでしたら、決算直前数か月(売上債権回転期間相当の月数)の平均月商を使ったほうがより正確になると思います。なお、分母を1日の売上高にすれば、何日分の売上債権があるかを求めることができます。

回収期間に変化はありませんか?

売上債権回転期間が短いとしたら、売上計上から回収までの期間が短いということですから、資金繰りは楽といえます。逆に長ければ、回収までに期間を要しているわけですから、資金繰りが悪化する原因といえます。

売上債権の回収条件は通常でしたらほぼ一定かと思いますから、この回転期間が大きく変化することはないはずです。もし、過去と比較して長期化しているようなら注意が必要です。なぜなら、回収不能が発生している、入金遅れの取引先が発生している、販売先への請求漏れ等が考えられるからです。企業が利益を出したいがために架空の売上高を計上し、そのときに発生した売上債権が残っていることも売上債権回転期間を悪化させる原因です。

過去との比較、そして同業他社との比較を行ってみて下さい。もし長期化している、もしくは他社よりも悪いようでしたら、その原因を見つけ改善するようにしましょう。売上債権回転期間は、銀行も回収期間に異常がないかを確認するために用いる指標です。

 


社長ブログ ブログランキングへ

ピックアップ記事

  1. 経営セカンドオピニオンは全国対応にしました
  2. あきらめずにぜひご相談を
  3. 税理士変更を検討してみませんか
  4. 中小企業も書類作成能力が必要
  5. 営業利益は黒字ですか?

関連記事

  1. ブログ

    中間納税に注意

    中間納税通常、企業は決算月から2カ月以内に法人…

  2. ブログ

    売上債権は多ければ良いわけではありません

    売上債権(受取手形、売掛金等)は売上計上されて発生した勘定科目です。多…

  3. ブログ

    賞与

    今日は12月1日です。残りもあと1か月となりました。&nbsp…

  4. 資金繰り

    納期の特例制度利用は資金繰りに注意

    納期の特例制度すでに、市区町村から住民税の通知書や納付書が届いてい…

  5. ブログ

    金融機関の選び方

    経営相談でお会いする社長からよく聞かれる質問の一つに、融資取引を考える…

無料・有料相談実施中

ピックアップ記事

2017年1月
« 12月   2月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

おすすめ記事

  1. 資金繰り

    保険を利用した節税には注意を
  2. エム・エヌ・コンサルからのご案内

    お断りするケース
  3. ブログ

    何事も継続することですね
  4. ブログ

    信用保証協会に頼らない経営を
  5. その他いろいろ

    亀井静香氏が引退
PAGE TOP