本当にまだ大丈夫?

子供の頃、テストがあるけど勉強をしない、夏休みや冬休みに入っても宿題をしない、そして直前になって慌ててやることになってしまい、その度に早めにやっておけばよかったと後悔した経験が一度はあるかと思います。おそらく大人になってもそういう経験をしたことはあるでしょう。

人は追い詰められないと本気で動かないものなのかもしれません。

経営者にもそのような方が多くいらっしゃいます。 自社の経営に何らかの問題が発生しているのに、その問題が軽微でかつ徐々に進行していると、すぐに対処しない経営者が多いのです。

仮に売上や利益が前期比で30%も減少したら、「すぐに何とかしなければ」と改善のために必死で動くのでしょうが、毎期数%程度の減少が続いても「まだ大丈夫だろう(そのうち何とかなるだろう)」と本気で動かない経営者は本当に多いです。

業績が良かった頃の決算書と比較してみると明らかに悪化しているのですが、それに気づいたあるいは本格的に改善しようとした頃にはかなり重症になっているのです。また、粉飾決算を続けているがために、当社の本当の収益力がどれぐらいなのか決算書を見ても分からなくなっているケースもよくあります。

どうか粉飾をしていない本当の数字で自社の業績の推移を確認してみて下さい。利益の減少が続いている、または営業キャッシュフローのマイナスが2期以上続いている等の悪い傾向があれば、早期に改善しなければなりません。「どこの中小企業も大変だから(うちが悪くてもしょうがない)」という言い訳で自分を慰めて、何の行動も取らない経営者は本当に多いのです。

みんな大変だからと言い訳したり、粉飾をしたりして現実から逃げているだけでは何の解決にもなりません。自社を本気で再生させようとするためには、まずは現実から逃げずに自社の実態を把握することから始めてみましょう。

「“まだ大丈夫だろう”“まだ何とかなるだろう”と思っているけど、やっぱり本音を言うと将来が不安だ。しかし、何とかしないとまずいのは理解しているが、相談するのが恥ずかしい」、このように思っている経営者さん、いつまでもそうやって問題解決を後回しにしていると自社の再生可能性はどんどん低くなってしまいます。一日も早く行動を起こすようにして下さい。

 

資金繰りや銀行融資のコンサルタントをしています。このブログではこれまでの業務で経験したことを書いています。

プロフィール

関連記事