中小企業経営

本当にまだ大丈夫?

子供の頃、テストがあるけど勉強をしない、夏休みや冬休みに入っても宿題をしない、そして直前になって慌ててやることになってしまい、その度に早めにやっておけばよかったと後悔した経験が一度はあるかと思います。おそらく大人になってもそういう経験をしたことはあるでしょう。

人は追い詰められないと本気で動かないものなのかもしれません。

経営者にもそのような方が多くいらっしゃいます。 自社の経営に何らかの問題が発生しているのに、その問題が軽微でかつ徐々に進行していると、すぐに対処しない経営者が多いのです。

仮に売上や利益が前期比で30%も減少したら、「すぐに何とかしなければ」と改善のために必死で動くのでしょうが、毎期数%程度の減少が続いても「まだ大丈夫だろう(そのうち何とかなるだろう)」と本気で動かない経営者は本当に多いです。

業績が良かった頃の決算書と比較してみると明らかに悪化しているのですが、それに気づいたあるいは本格的に改善しようとした頃にはかなり重症になっているのです。また、粉飾決算を続けているがために、当社の本当の収益力がどれぐらいなのか決算書を見ても分からなくなっているケースもよくあります。

どうか粉飾をしていない本当の数字で自社の業績の推移を確認してみて下さい。利益の減少が続いている、または営業キャッシュフローのマイナスが2期以上続いている等の悪い傾向があれば、早期に改善しなければなりません。「どこの中小企業も大変だから(うちが悪くてもしょうがない)」という言い訳で自分を慰めて、何の行動も取らない経営者は本当に多いのです。

みんな大変だからと言い訳したり、粉飾をしたりして現実から逃げているだけでは何の解決にもなりません。自社を本気で再生させようとするためには、まずは現実から逃げずに自社の実態を把握することから始めてみましょう。

「“まだ大丈夫だろう”“まだ何とかなるだろう”と思っているけど、やっぱり本音を言うと将来が不安だ。しかし、何とかしないとまずいのは理解しているが、相談するのが恥ずかしい」、このように思っている経営者さん、いつまでもそうやって問題解決を後回しにしていると自社の再生可能性はどんどん低くなってしまいます。一日も早く行動を起こすようにして下さい。

 

俺がいるからこの会社は成り立っている前のページ

市川法人会の賀詞交歓会に行ってきました次のページ

ピックアップ記事

  1. 経営セカンドオピニオンは全国対応にしました
  2. リスケは経営者が動かないと
  3. 経営改善の秘訣は経営改善計画の策定とモニタリング
  4. 中小企業も書類作成能力が必要
  5. リスケジュールのすすめ

関連記事

  1. ブログ

    交際費

    「中小企業の社長は交際費が好きに使えていいな 」という声を聞くことがあ…

  2. 中小企業経営

    リスケジュールが目標ではない

    金融機関から融資を受けている企業にとって、借入金返済は優先順位の高い経…

  3. 中小企業経営

    中小企業は値下げを避けるべき

    思うように売上が伸びない時、値下げをして1つでも多く販売したいと考える…

  4. 中小企業支援制度

    伸び悩む経営改善計画策定支援事業

    以前このブログでもご紹介しましたが、「経営改善計画策定支援事業」という…

  5. 中小企業経営

    GNP営業

    GNP営業(あるいはGNP活動等とも言います)という言葉があります。…

  6. 中小企業経営

    厚生年金未加入156万人

    先週のニュースで、厚生年金の加入義務があるのに未加入になっている人は、…

資金繰りコンサルタントのブログとは

資金繰りや経営改善、経理業務でお困りの中小企業経営者を応援するブログです。資金繰りや経営の改善、金融機関との上手な付き合い方を中心した内容で、東京都千代田区より情報発信します。

無料・有料相談を実施中です。詳しくは当社HP「無料・有料相談のご案内」をご覧ください。

ピックアップ記事

バックナンバー

おすすめ記事

  1. 資金繰り

    自社の資金繰りが良くならない
  2. エム・エヌ・コンサルからのご案内

    有料面談相談の場所について
  3. エム・エヌ・コンサルからのご案内

    今年もありがとうございました
  4. エム・エヌ・コンサルからのご案内

    近代セールス2020年1月15日号に執筆記事が掲載
  5. 中小企業支援制度

    新型コロナウイルス感染症の緊急対応策(第2弾)
PAGE TOP