ブログ

中間納税に注意

中間納税

 

通常、企業は決算月から2カ月以内に法人税や消費税等を支払います。

 

2カ月以内に申告と納税をしなければならないというのは、ほとんどの社長がご存知ですよね。

それ以外にも中間納税(または予定納税ともいいます)という制度があります。

 

1年分を一括で納税したら大変でしょうから、期中で前年の税金の半分を支払って下さいというのが中間納税なのです。

 

法人税は前年度の税額が20万円超ならば、2分の1を納税する必要があります。法人住民税や事業税にも中間納税があります。

 

消費税はやや複雑です。前年度の消費税(国税分)が48万円超400万円以下なら、前年度の消費税(国税分)の2分の1、400万円超4800万円以下なら、前年度の消費税(国税分)の4分の1を期中に3回支払う必要があります。

 

もちろん、決算書が完成して1年間の税額が確定したら、中間納税分は差し引かれて納税することになりますから、その時の負担は楽になります。

 

とりあえず法人税は20万円、消費税は前年度の消費税(国税部分のみ)で48万円を超えているかが基準となります。

 

そして、中間納税には2通りの方法があります。

 

1つは前年度の税額から計算する方法です。税務署から中間納税額が記載された申告書と納付書が郵送されてきます。その納付書で納税するだけです。なお、その場合は申告書を提出する必要はありません。

 

そしてもう2つは中間で決算を行い、税額を計算して納税する方法です。前年よりも大幅に業績が悪化した場合はこの方法でもいいでしょうが、手間がかかることから通常は前者の方法がいいでしょう。

 

詳細は税務署か顧問税理士に確認して下さい。

 

資金繰り予想には中間納税も反映させましょう

 

資金繰りを管理されていない中小企業は多いです。資金繰りが苦しいことから、今後の資金繰りをしっかり管理していきたいとお考えの社長もいらっしゃるのですが、中間納税が漏れていることが多いです。

 

中間納税がいつまでにいくら支払う必要があるのかを確認しましょう。そして、資金繰りの予定に組み込んでおいて下さい。

 

3月決算の企業は5月だけでなく、11月にも注意しましょう。

それと、今まで消費税が免税だったけど、これから課税になる企業は特に資金繰りに注意して下さい。

 

3月決算5月納付期限の企業が消費税100万円支払ったとします。その企業はさらに半年後に半分の中間納税が発生するため、その頃の資金繰りが結構きついことが多いのです。ぜひ注意して下さい。

 

 

クリックのご協力よろしくお願いします。


社長ブログ ブログランキングへ

ピックアップ記事

  1. 経営コンサルタント+税理士で御社の経営を支援
  2. あきらめずにぜひご相談を
  3. 経営に役立つ経理を
  4. 税理士変更を検討してみませんか
  5. 融資を受けられない中小企業様へ

関連記事

  1. ブログ

    出ると思った融資が出ない

    銀行に融資を申し込んでみたところ、前向きな姿勢で「ぜひ検討させてくださ…

  2. ブログ

    経営改善支援をしていて思う事

    業績の悪化等により金融機関への返済が困難となり、返済条件の変更をしても…

  3. ブログ

    借入金と支払利息のバランス

    私たち中小企業経営者からすると、取引銀行から常に借入ができればいいので…

  4. エム・エヌ・コンサルからのご案内

    バンクビジネス2018年3月15日号に執筆記事が掲載されました

    株式会社近代セールス社様から発行されている「バンクビジネス2018年3…

  5. ブログ

    計画未達の場合の銀行への報告

    当社のお客様の何社かは、取引銀行に経営改善計画書を提出して、その後の進…

  6. ブログ

    業績アップは運転資金を増加させる

    私が起業直後からずっとお付き合いのあるネット関係のお客様は、顧問契約が…

無料・有料相談実施中

ピックアップ記事

2016年12月
« 11月   1月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

おすすめ記事

  1. 中小企業経営

    相談できる専門家がいない
  2. ブログ

    「○○しなければならない」を捨ててみる
  3. 中小企業支援制度

    生産性向上特別措置法による支援
  4. ブログ

    「景気が悪い」という言い訳
  5. 資金繰り

    資金ショートがいつ起きるか把握を
PAGE TOP