ブログ

中間納税に注意

中間納税

 

通常、企業は決算月から2カ月以内に法人税や消費税等を支払います。

 

2カ月以内に申告と納税をしなければならないというのは、ほとんどの社長がご存知ですよね。

それ以外にも中間納税(または予定納税ともいいます)という制度があります。

 

1年分を一括で納税したら大変でしょうから、期中で前年の税金の半分を支払って下さいというのが中間納税なのです。

 

法人税は前年度の税額が20万円超ならば、2分の1を納税する必要があります。法人住民税や事業税にも中間納税があります。

 

消費税はやや複雑です。前年度の消費税(国税分)が48万円超400万円以下なら、前年度の消費税(国税分)の2分の1、400万円超4800万円以下なら、前年度の消費税(国税分)の4分の1を期中に3回支払う必要があります。

 

もちろん、決算書が完成して1年間の税額が確定したら、中間納税分は差し引かれて納税することになりますから、その時の負担は楽になります。

 

とりあえず法人税は20万円、消費税は前年度の消費税(国税部分のみ)で48万円を超えているかが基準となります。

 

そして、中間納税には2通りの方法があります。

 

1つは前年度の税額から計算する方法です。税務署から中間納税額が記載された申告書と納付書が郵送されてきます。その納付書で納税するだけです。なお、その場合は申告書を提出する必要はありません。

 

そしてもう2つは中間で決算を行い、税額を計算して納税する方法です。前年よりも大幅に業績が悪化した場合はこの方法でもいいでしょうが、手間がかかることから通常は前者の方法がいいでしょう。

 

詳細は税務署か顧問税理士に確認して下さい。

 

資金繰り予想には中間納税も反映させましょう

 

資金繰りを管理されていない中小企業は多いです。資金繰りが苦しいことから、今後の資金繰りをしっかり管理していきたいとお考えの社長もいらっしゃるのですが、中間納税が漏れていることが多いです。

 

中間納税がいつまでにいくら支払う必要があるのかを確認しましょう。そして、資金繰りの予定に組み込んでおいて下さい。

 

3月決算の企業は5月だけでなく、11月にも注意しましょう。

それと、今まで消費税が免税だったけど、これから課税になる企業は特に資金繰りに注意して下さい。

 

3月決算5月納付期限の企業が消費税100万円支払ったとします。その企業はさらに半年後に半分の中間納税が発生するため、その頃の資金繰りが結構きついことが多いのです。ぜひ注意して下さい。

 

 

クリックのご協力よろしくお願いします。


社長ブログ ブログランキングへ

ピックアップ記事

  1. 会社の健康診断をしていますか
  2. 条件変更改善型借換保証
  3. 中小企業の事業リスク>金融機関の信用リスク
  4. 経営改善に必要なこと
  5. 経営セカンドオピニオンは全国対応にしました

関連記事

  1. ブログ

    巣鴨信用金庫と融資取引のある経営者さんへ

    おばあちゃんの原宿と言われる巣鴨の地蔵通商店街は、4のつく日、4日、1…

  2. ブログ

    どんなことでも相談を

    今回は、顧問契約を結んでいる専門家にはどんなことでも相談して欲しいとい…

  3. ブログ

    みずほFGは6月から次期勘定系システムに移行開始

    みずほ銀行といえば合併してすぐにシステムトラブルが発生し、東日本大震災…

  4. ブログ

    金融機関の金利競争

    先日、顧問先の経営者さんと経営改善の進捗状況を説明に伺いましたが、その…

  5. ブログ

    下請代金の支払は現金で!

    日本の企業のほとんどが中小企業です。経済の好循環を実現するためには、中…

  6. ブログ

    求人広告をチェックすることがあります

    最近は求人募集しても思うように集まらないと困っている社長が多いようです…

無料・有料相談実施中

ピックアップ記事

2016年12月
« 11月   1月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

おすすめ記事

  1. ブログ

    求人広告をチェックすることがあります
  2. 中小企業経営

    リスケジュールが目標ではない
  3. 銀行融資

    売上減少が気になってしまう金融機関
  4. エム・エヌ・コンサルからのご案内

    当社はfreee認定アドバイザーです
  5. その他いろいろ

    11月に東京で開催される中小企業向けイベントのご紹介
PAGE TOP