ブログ

中間納税に注意

中間納税

 

通常、企業は決算月から2カ月以内に法人税や消費税等を支払います。

 

2カ月以内に申告と納税をしなければならないというのは、ほとんどの社長がご存知ですよね。

それ以外にも中間納税(または予定納税ともいいます)という制度があります。

 

1年分を一括で納税したら大変でしょうから、期中で前年の税金の半分を支払って下さいというのが中間納税なのです。

 

法人税は前年度の税額が20万円超ならば、2分の1を納税する必要があります。法人住民税や事業税にも中間納税があります。

 

消費税はやや複雑です。前年度の消費税(国税分)が48万円超400万円以下なら、前年度の消費税(国税分)の2分の1、400万円超4800万円以下なら、前年度の消費税(国税分)の4分の1を期中に3回支払う必要があります。

 

もちろん、決算書が完成して1年間の税額が確定したら、中間納税分は差し引かれて納税することになりますから、その時の負担は楽になります。

 

とりあえず法人税は20万円、消費税は前年度の消費税(国税部分のみ)で48万円を超えているかが基準となります。

 

そして、中間納税には2通りの方法があります。

 

1つは前年度の税額から計算する方法です。税務署から中間納税額が記載された申告書と納付書が郵送されてきます。その納付書で納税するだけです。なお、その場合は申告書を提出する必要はありません。

 

そしてもう2つは中間で決算を行い、税額を計算して納税する方法です。前年よりも大幅に業績が悪化した場合はこの方法でもいいでしょうが、手間がかかることから通常は前者の方法がいいでしょう。

 

詳細は税務署か顧問税理士に確認して下さい。

 

資金繰り予想には中間納税も反映させましょう

 

資金繰りを管理されていない中小企業は多いです。資金繰りが苦しいことから、今後の資金繰りをしっかり管理していきたいとお考えの社長もいらっしゃるのですが、中間納税が漏れていることが多いです。

 

中間納税がいつまでにいくら支払う必要があるのかを確認しましょう。そして、資金繰りの予定に組み込んでおいて下さい。

 

3月決算の企業は5月だけでなく、11月にも注意しましょう。

それと、今まで消費税が免税だったけど、これから課税になる企業は特に資金繰りに注意して下さい。

 

3月決算5月納付期限の企業が消費税100万円支払ったとします。その企業はさらに半年後に半分の中間納税が発生するため、その頃の資金繰りが結構きついことが多いのです。ぜひ注意して下さい。

 

 

クリックのご協力よろしくお願いします。


社長ブログ ブログランキングへ

正しい節税をしましょう前のページ

自社の情報セキュリティ診断をしてみましょう次のページ

ピックアップ記事

  1. リスケジュールのすすめ
  2. 融資を受けられない中小企業様へ
  3. リスケは経営者が動かないと
  4. 営業利益は黒字ですか?
  5. 今の経営で大丈夫ですか?

関連記事

  1. ブログ

    男性社長は奥さんを大切に

    三井住友銀行の元副支店長による詐欺事件がニュースになりました。…

  2. ブログ

    経営改善計画書は毎年見直してもかまいません

    リスケジュールをしている企業は、多くが経営改善計画書を作成して、銀行に…

  3. ブログ

    江戸・TOKYO 技とテクノの融合展2017

    東京信用保証協会では、中小企業や小規模事業者の事業の拡大・発展を目的に…

  4. 資金繰り

    不正な給付金申請や融資申込はしない

    今年1月以降、なかなか前年の売上と比較して50%以上減少することがない…

  5. 中小企業支援制度

    持続化給付金

    持続化給付金とは、新型コロナウイルス感染症拡大により、特に大きな影響を…

資金繰りコンサルタントのブログとは

資金繰りや経営改善、経理業務でお困りの中小企業経営者を応援するブログです。資金繰りや経営の改善、金融機関との上手な付き合い方を中心した内容で、東京都千代田区より情報発信します。

無料・有料相談を実施中です。詳しくは当社HP「無料・有料相談のご案内」をご覧ください。

ピックアップ記事

バックナンバー

おすすめ記事

  1. 資金繰り

    非常時の資金調達
  2. 金融機関に関するニュース

    みずほスマートビジネスローン
  3. その他いろいろ

    弘法寺の伏姫桜
  4. ブログ

    キャッシュの入りを増やす
  5. 資金繰り

    リスケ中でも融資獲得のチャンス
PAGE TOP