住みながら自宅売却・資金調達ができます

長年住み慣れた自宅には、家族との思い出がたくさん詰まっているでしょうし、できればそのまま住み続けたいと思うはずです。

c081e45d8bd710fba7db3c2de7f4d3d4_s

しかし、何らかの理由によって自宅を売却し、資金の確保やローンの返済を考えなければならない事情をお持ちの方もいるでしょう。

そんな時にぜひ検討したいサービスに、自宅を売却してもそのまま住み続けることができるハウス・リースバックというものがあります。

こんなことでお悩みではありませんか?

  • 他人に知られないように家を売却して資金を調達したい
  • 長期ローンの返済が苦しいが、売却したら住む家がなくなってしまう
  • 引っ越しはしたくないが、老後資金の準備をしておきたい
  • 子供の学区が変わると困るので引っ越しはしたくない

 

ハウス・リースバックとは、このようなことでお困りの方が所有されている家を株式会社ハウスドゥが買い取り、売却後はリース契約をして今までと同様に住む続けることができるシステムです。将来、家を再び購入することも可能となっています。

なお、住宅ローンの残債があっても対応は可能です。
何らかの理由で資金の確保が必要となった、住宅ローンやそれ以外の借入金も含めて整理する必要が出てきた場合、通常ですと売却して自宅から出ていかなければなりません。

しかし、それでは引っ越しをしなければなりませんし、子供がいれば転校しなければなりません。それに、他人にも知られてしまうことになります。それらを考えると、金銭的に、そして精神的にもかなり負担が大きいでしょう。

そんなときはこのハウス・リースバックを検討してみてはいかがでしょうか。

もちろん、売却によって得た資金は生活資金にも使えますし、事業資金に充てることもできます。資金使途は自由です。

ハウス・リースバックと似たものでリバースモーゲージがあります。

リバースモーゲージは、所有している自宅を担保に借り入れをして、一括あるいは毎月資金を手にすることができ、その期間住み続けることができます。そして、契約満了後あるいは顧客が亡くなった後に不動産を売却し、債権者は売却で得られた資金で貸付金と清算する仕組みになっています。

当社のお客様で自宅を所有している高齢の社長がいるのですが、3人の子供はみんな独立してそこには住んでいません。将来、自分が亡くなって相続が発生した際、子供たちの間で揉めてしまうのではないかと心配されています。また、病気等で介護が必要な状態になった場合にも費用が発生します。この社長と同じ環境にある方は、このハウス・リースバックは利用できると思います。

資金確保等の理由で自宅の売却を検討しているが、売却しても今の家に住み続けたいとお考えでしたら、このハウス・リースバックを検討してみて下さい。

クリックをどうかよろしくお願いいたします。


社長ブログ ブログランキングへ

資金繰りや銀行融資のコンサルタントとして、これまでの経験や学んだことを書いています。

プロフィール

関連記事