ブログ

専門家といっても優秀とは限らない

よほど健康な人は除いて、多くの方は年に一度や二度は病気になり病院に行くと思います。

535619

3年前の事です。私の家の近くに結構大きな病院があるのですが、はっきりいって診察が杜撰。(前のカルテを見て)病気と全く関係のない薬を処方するし、息子が胸の苦しみを訴えても、ただの風邪だとしてろくに診察しませんでした。次の日に別の病院で診察してもらったら死亡する可能性もあるということで、ある大学病院に入院することになったことがありました。

 

しかし、こういう能力的に問題があるということは、医師だけでなくコンサルタントや士業等の専門家でもあることです。

 

当社のお客様で建設関係の仕事をしている会社さんがいます。お付き合いが始まったころは売上高が1億円前後だったのですが、1,000万円程度の赤字が続いていました。そして、その赤字の原因は、社長や家族の給与が非常に高額だったためでした。

 

高額な役員報酬や給与について聞いてみました。すると、数年前に資金繰りが苦しくなり銀行から融資を受けようとしたところ、当時の顧問税理士から「銀行からお金を借りなきゃならないような会社は、経営が正常な状態とは言えないから廃業しろ」と意味不明な理由で怒られたと教えてくれました。それで銀行から融資を受けると税理士に怒られるからと、仕方なく個人で金利が高い消費者ローンから借りて会社に資金を入れており、増えていく元金と利息を支払うために年々給与が高くなっていたのです。

 

こういう信じられないアドバイスをする専門家はいますし、ここまでひどい専門家は少ないと思われるかもしれません。しかし、どうみてもお手伝いしている企業の業績が異常な状態にもかかわらず、何のアドバイスや支援をしない専門家を多く見てきました。

 

皆さんが今お付き合いしている専門家が優秀な方とは限りません。経営相談で伺うと、長年の付き合いだからと自社の経営に全く貢献していない専門家を使っている企業に出会います。変更を前提に他の専門家を探すべきですが、それができないこともあるでしょう。

c53aa7b5da99dca4902d7ae63adb0738_s

その場合は、今の専門家と付き合いながら、別の専門家とのお付き合いも検討するべきです。医療の世界ではセカンドオピニオンという言葉が聞かれるようになってきました。経営についても同じだと思います。今お付き合いの専門家のアドバイスに疑問を感じたときは、他の専門家の意見を求めるのもいいでしょう。

 

 

ブログランキングに参加しております。


社長ブログ ブログランキングへ

賞与前のページ

住みながら自宅売却・資金調達ができます次のページ

ピックアップ記事

  1. 悪質な粉飾決算は絶対にやめましょう
  2. 古い情報よりも専門家の最新アドバイスを
  3. 経営改善の秘訣は経営改善計画の策定とモニタリング
  4. 今の経営で大丈夫ですか?
  5. リスケジュールのすすめ

関連記事

  1. ブログ

    これからも続く地方銀行統合の動き

    地方銀行に対して、金融庁は2年位前から銀行経営陣に対して今後の銀行経営…

  2. 中小企業経営

    今日は日本商工会議所が設立された日です

    今日は日本商工会議所が設立された日です。お誕生日です。商工会議…

  3. 中小企業経営

    昨年、顧問先が増えた理由

    当社は新しい顧問先が増えるのはいつも春と秋(3月~5月、9月~10月)…

  4. ブログ

    昨日会った銀行員

    昨日、千葉県の顧問先を訪問していました。先…

  5. ブログ

    悪質融資コンサルタントが会員に

    当社はある団体の会員でして、数か月に1回会報誌が届くのですが、最後のペ…

  6. その他いろいろ

    銀行の墓碑銘

    Amazonは書籍だけでなくいろいろな物を取り扱っているので、多くの方…

資金繰りコンサルタントのブログとは

資金繰りや経営改善、経理業務でお困りの中小企業経営者を応援するブログです。資金繰りや経営の改善、金融機関との上手な付き合い方を中心した内容で、千葉県市川市より情報発信していきます。

無料・有料相談を実施中です。詳しくは当社HP「無料・有料相談のご案内」をご覧ください。

ピックアップ記事

バックナンバー

おすすめ記事

  1. 中小企業経営

    粉飾はデメリットしかない
  2. 中小企業経営

    若手行職員は育てるつもりで付き合う
  3. エム・エヌ・コンサルからのご案内

    第1回文京区地域クラウド交流会が開催されます
  4. ブログ

    自社のキャッシュフロー計算書を確認しましょう
  5. 経営者

    経営者個人の支出(住宅ローン)見直し
PAGE TOP