ブログ

12月の資金繰り対策は早めに

11月も今日を含めてあと3日です。もうすぐ12月です。

453d7a5ca290114278d5c6151abb50a3_s

11月1日のブログにも書きましたが12月は毎年資金需要が旺盛になる月です。

 

12月が近くなる頃に毎年お伝えしていることですし、私だけでなく他のコンサルタントや金融機関の担当者からも言われていることかと思いますが、12月の資金繰りは大丈夫でしょうか。

 

12月の中旬頃になって資金繰りが厳しそうだと、年内の資金調達をしたいと言ってくる社長がいますので再度ここでお伝えします。

 

12月は会社の資金需要が件数・金額共に高まる月ですから、金融機関と信用保証協会はとても忙しい月といえます。

 

だからこそ1日も早く動くようにしなければなりません。

 

業績面に全く問題がないのなら審査にそれほど時間もかからないでしょうし、年内に余裕を持って融資は実行されるでしょうが、もし自社はそんな会社ではないというのでしたら、年内の資金調達は間に合わないこともあります。

 

信用保証協会の保証が付いた融資でしたら保証審査の分も考えて、できれば今週中には金融機関に申し込みをしておきましょう。

 

12月は融資先の年末年始の資金繰りを支えるため、四半期の締め月であること、かつ件数が多いので一社あたりにかける審査の時間がどうしても少なくなってしまいがち、それらの理由からどちらかというと審査が甘くなることはよくあります。

 

それ以外の月でしたら3月は決算、9月は中間決算と重要な月ですから、各支店や担当者で持つノルマが優先された動きになりがちです。したがって、3月、9月、12月は比較的融資受けやすいといわれる月なのです。

 

絶対ダメなものはダメですから、たとえ12月に申し込んでも OK が出るわけではありませんが、普段なら「どうしようかな」と判断に迷うような案件ならば、金融機関はノルマを優先して融資を実行する可能性は高いのです。

 

私が勤めていた頃もそうですし、今もその姿勢に変化はないですね。

 

前向きに審査してもらいやすい月ではありますが、試算表や資金繰り表などを求められることもありますし、それ以外の必要書類を求められることだってありえます。

e783c0b227dc49dc85942fbd25baae04_s

求められた書類がすぐに提出できればいいですが、提出するまでに時間がかかってしまえば12月に間に合わないということもあります。

 

12月の資金繰りは大丈夫ですか? もし不安があれば今のうちから余裕をもって行動するようにして下さい。

企業実務2016年12月号に執筆した記事が掲載されました前のページ

融資の5原則次のページ

ピックアップ記事

  1. 営業利益は黒字ですか?
  2. 融資を受けるために必要な資料
  3. 今の経営で大丈夫ですか?
  4. 中小企業も書類作成能力が必要
  5. 税理士変更を検討してみませんか

関連記事

  1. 資金繰り

    「誰にも言うな」はあやしい

    終戦後、GHQが占領下の日本から資産を接収し、それが現在でも秘密に運用…

  2. 銀行融資

    いつでも融資しますよ

    今日訪問した顧問先は、長年、信用金庫と日本政策金融公庫との融資取引をし…

  3. エム・エヌ・コンサルからのご案内

    『行政書士杉井の「まだ依頼するな!」』に出演しました

    Cwaveで9月23日(土曜日)19時から放送された番組『行政書士杉井…

  4. ブログ

    平成30年1月からのセーフティネット保証5号の対象業種が公表されました

    平成30年1月1日から平成30年3月31日までのセーフティネット保証5…

  5. その他いろいろ

    税務署に行ってきました

    10月中旬に入り今年もあと2ヶ月半となりました。…

  6. ブログ

    売掛金回収までしっかり管理を

    売掛金の回収は必ずやらなければなりません。…

資金繰りコンサルタントのブログとは

資金繰りや経営改善、経理業務でお困りの中小企業経営者を応援するブログです。資金繰りや経営の改善、金融機関との上手な付き合い方を中心した内容で、千葉県市川市より情報発信していきます。

無料・有料相談を実施中です。詳しくは当社HP「無料・有料相談のご案内」をご覧ください。

ピックアップ記事

バックナンバー

おすすめ記事

  1. 中小企業経営

    コンビニの社会保険廃業
  2. 中小企業経営

    バラ色の計画書には注意しましょう
  3. ブログ

    担保があっても融資が出るとは限らない
  4. ブログ

    数字で説明を
  5. 金融機関に関するニュース

    銀行の日
PAGE TOP