ブログ

12月の資金繰り対策は早めに

11月も今日を含めてあと3日です。もうすぐ12月です。

453d7a5ca290114278d5c6151abb50a3_s

11月1日のブログにも書きましたが12月は毎年資金需要が旺盛になる月です。

 

12月が近くなる頃に毎年お伝えしていることですし、私だけでなく他のコンサルタントや金融機関の担当者からも言われていることかと思いますが、12月の資金繰りは大丈夫でしょうか。

 

12月の中旬頃になって資金繰りが厳しそうだと、年内の資金調達をしたいと言ってくる社長がいますので再度ここでお伝えします。

 

12月は会社の資金需要が件数・金額共に高まる月ですから、金融機関と信用保証協会はとても忙しい月といえます。

 

だからこそ1日も早く動くようにしなければなりません。

 

業績面に全く問題がないのなら審査にそれほど時間もかからないでしょうし、年内に余裕を持って融資は実行されるでしょうが、もし自社はそんな会社ではないというのでしたら、年内の資金調達は間に合わないこともあります。

 

信用保証協会の保証が付いた融資でしたら保証審査の分も考えて、できれば今週中には金融機関に申し込みをしておきましょう。

 

12月は融資先の年末年始の資金繰りを支えるため、四半期の締め月であること、かつ件数が多いので一社あたりにかける審査の時間がどうしても少なくなってしまいがち、それらの理由からどちらかというと審査が甘くなることはよくあります。

 

それ以外の月でしたら3月は決算、9月は中間決算と重要な月ですから、各支店や担当者で持つノルマが優先された動きになりがちです。したがって、3月、9月、12月は比較的融資受けやすいといわれる月なのです。

 

絶対ダメなものはダメですから、たとえ12月に申し込んでも OK が出るわけではありませんが、普段なら「どうしようかな」と判断に迷うような案件ならば、金融機関はノルマを優先して融資を実行する可能性は高いのです。

 

私が勤めていた頃もそうですし、今もその姿勢に変化はないですね。

 

前向きに審査してもらいやすい月ではありますが、試算表や資金繰り表などを求められることもありますし、それ以外の必要書類を求められることだってありえます。

e783c0b227dc49dc85942fbd25baae04_s

求められた書類がすぐに提出できればいいですが、提出するまでに時間がかかってしまえば12月に間に合わないということもあります。

 

12月の資金繰りは大丈夫ですか? もし不安があれば今のうちから余裕をもって行動するようにして下さい。

企業実務2016年12月号に執筆した記事が掲載されました前のページ

融資の5原則次のページ

ピックアップ記事

  1. 経営セカンドオピニオンは全国対応にしました
  2. 営業利益は黒字ですか?
  3. 経営改善ができない経営者さんへ
  4. 融資を受けるために必要な資料
  5. 当社は記帳代行も行っています

関連記事

  1. 銀行融資

    債務超過には冷たい銀行

    企業への融資審査で大きな影響を与えるのが決算書です。決算書のうち貸借対…

  2. ブログ

    3,4月に融資を受けたい市川市・浦安市の経営者さんへ

    当社は平成17年9月に設立をしまして、ずっと千葉県市川市で営業してきま…

  3. 中小企業支援制度

    民間金融機関における実質無利子・無担保融資

    新型コロナウイルス感染症の影響で売上が減少した中小企業を対象に、民間金…

  4. ブログ

    江戸・TOKYO 技とテクノの融合展2017

    東京信用保証協会では、中小企業や小規模事業者の事業の拡大・発展を目的に…

  5. 銀行融資

    他県から進出してきた金融機関と付き合う

    金融機関(特に地方銀行)は、本店のある都道府県だけでなく県外にも進出し…

  6. 銀行融資

    担当者の対応に変化はありませんか

    金融機関が突然融資をストップすることは今でも確かにあるでしょうが、現在…

資金繰りコンサルタントのブログとは

資金繰りや経営改善、経理業務でお困りの中小企業経営者を応援するブログです。資金繰りや経営の改善、金融機関との上手な付き合い方を中心した内容で、東京都千代田区より情報発信します。

無料・有料相談を実施中です。詳しくは当社HP「無料・有料相談のご案内」をご覧ください。

ピックアップ記事

バックナンバー

おすすめ記事

  1. ブログ

    インフルエンザ
  2. ブログ

    決算書提出を嫌がる経営者
  3. 資金繰り

    毎月の積立額が多い
  4. 中小企業経営

    事業再生のカギは一日も早い相談
  5. 中小企業経営

    第二会社方式
PAGE TOP