ブログ

異業種交流会に参加してきました

今日、100人以上が参加した異業種交流会に参加してきました。参加費は1,000円です。参加者がたくさんいるので、黙って立っていても声をかけてくれるので楽だけど忙しい。

 

私からはあまり話さず、相手の方から「何の仕事をしているの?」と聞かれてから説明するようにしています。というのも、商品・サービスのことを熱心に説明し、それが終わるとこちらのことは聞かずに次の人のところに行く人が結構います。そういう人にこちらの話をしても無駄なので。

114898

異業種交流会に絶対参加しないという人からは、「異業種交流会なんか行ったってしょうがないでしょう。時間とお金の無駄」と言われてしまいそうです。

 

正直言ってその通りですね。異業種交流会に参加する目的はほとんどの方が、今すぐ買ってくれる、あるいはそれに近い状態の人を探す事なので、見込み客はそう簡単に見つかるものではありません。それに、珍しい仕事をされている方でしたら興味を持って話を聞いてくれるかもしれませが、保険会社の方ですと「また保険屋かよ」みたいな顔をされてしまうかもしれません。

 

私は交流会をきっかけにお付き合いが始まって、相手のことや仕事の能力をよく理解してから、仕事を依頼したいと思っています。特に当社のお客様の件で仕事を依頼するとなると、なおさら慎重になるものです。

 

しかし、会ってその日あるいは数日後には、「御社の顧問先を紹介してください」、「買って(詳しい話を聞いて)くれませんか」という方が参加費の安い交流会だと多いように思います。

 

今回は役所や金融機関が主催者だったので、あまり変な人はいないだろうということで参加しましたが、私の参加基準を以下に書きました。まだ参加したことがない方は参考にしてください。

 

・将来の見込み客になりそうな人が参加しているか

これは会ったその日に営業するためではありません。当たり前のことですが、今すぐにはお客様になってくれなくても、将来その可能性がある方が多く参加しているか事前によくチェックしましょうということです。私の場合は経営者や起業する見込みの方が集まる交流会です。女性がターゲットでしたら、女性だけの交流会、あるいは女性の参加比率が高い交流会かどうかをチェックするようにしましょう。

 

・参加費は5,000円以上

15年以上異業種交流会に参加していますが、その経験からいうと参加費が3,000円ぐらいまでだと、名刺を配りまくればお客は見つかるだろうという考えの方が多いように感じます。また、会ってすぐに「仕事をください」といってくるような人も多いような気がします。しかし、それを超えてくると(できれば5,000円以上)そういう感じの方は少ないように思います。もちろんそれ以下でも今回参加した交流会のように、質の高い参加者が多いものもあります。

 

・執拗な営業活動をする業種を参加禁止にしているか

異業種交流会に参加すると、中にはしつこい営業活動をしてくる人がいます。特に、ネットワークビジネス、先物取引、投資等はそういう方が多いです。そのような営業活動をしてくる業種を、参加禁止にしているかも確認するようにして下さい(参加禁止の交流会が多いとは思いますが)。

 

先ほど全く無駄のように書きましたが、今のお客様とどのように知り合ったのか思い出してみると、意外と交流会だったということがいくつかあります。

 

その日に見込み客を見つけなきゃとあまり考えず、友達や仕事仲間を見つける感じで名刺交換をするといいと思います。

複数前のページ

東京商工会議所が魅力ある中堅中小企業を紹介次のページ

トライフィナンシャルサービス 差し迫っているお支払いにお困りの法人・個人事業主向け。

ピックアップ記事

  1. 営業利益は黒字ですか?
  2. 当社は記帳代行も行っています
  3. 経営セカンドオピニオンは全国対応にしました
  4. 融資を受けられない中小企業様へ
  5. 中小企業も書類作成能力が必要

関連記事

  1. 中小企業経営

    利益計上と資金繰り改善はできる

    経営者が関心を持っていることは、利益を出すこと、そして資金繰りの安定で…

  2. ブログ

    事業承継補助金

    5月8日から事業承継補助金の受け付けがスタートしました。この事業承継補…

  3. ブログ

    何事も確認が必要です

    これは当社の顧問先で実際にあった話です。私…

  4. 中小企業経営

    売上の法則を見つける

    当社の顧問先なのですが、取引金融機関からいつも「資金使途はなんでもいい…

  5. 中小企業経営

    中小企業も書類作成能力が必要

    取引先企業から融資やリスケジュール等の依頼を受けると、金融機関担当者は…

  6. ブログ

    飲食店の経営は大変ですね

    弊社設立前からお付き合いのある飲食店が栃木県大田原市にあります。…

GMO BtoB 早払い(ファクタリング)【手数料業界最安水準1.0%~】融資ではなく売掛金の売却による資金調達です。東証一部上場企業が運営するファクタリングサービスです。

資金繰りコンサルタントのブログとは

資金繰りや経営改善、経理業務でお困りの中小企業経営者を応援するブログです。資金繰りや経営の改善、金融機関との上手な付き合い方を中心した内容で、千葉県市川市より情報発信していきます。

無料・有料相談を実施中です。詳しくは当社HP「無料・有料相談のご案内」をご覧ください。

ピックアップ記事

バックナンバー

おすすめ記事

  1. 銀行融資

    企業は金融機関に貸す立場でもある
  2. 資金繰り

    リスケ中でも融資獲得のチャンス
  3. 資金繰り

    「融資します」という案内のファックス
  4. 資金繰り

    経済産業省がファクタリングを勧めている?
  5. 銀行融資

    保証協会付き融資だけは1行取引と同じ
PAGE TOP