ブログ

男性社長は奥さんを大切に

三井住友銀行の元副支店長による詐欺事件がニュースになりました。

 

報道によると被害総額は11億円程度とのことですが、約5億円は回収したそうですから、こういう事件にしては半分程度回収できたのは良いほうかなと思います。

 

でもやっぱりこういう事件を起こして大金を得ると、女性にお金を使ってしまうものなんですかね。

 

この元副支店長は女性に貢ぐためだけではなかったようですが、銀行員は真面目な人が多いからでしょうか、女性が原因で出世コースから外れてしまったり、銀行を去らなければならなくなったりした人を知っています。

 

たまたま飲みに行ったお店の女性に惚れ込んでしまい、お店に通うため行内で犯罪に手を出してしまったという人がいました。水商売の女性に手を出したらヤクザの彼女だったらしく、落とし前をつけろと脅されて、顧客の預金を自分のものにして差し出した行員もいました(どこの銀行かは言いませんけど)。

 

 

だけど、結婚している男性社長は女性関係には注意しましょう。

 

業績が良くなってちょっとお金に余裕が出ると、奥さん以外の女性に時間とお金を注ぎ込んでしまい、その影響で業績が傾く会社を結構見てきました。

 

私のお客様ではありませんが、ちょっと業績が良い印刷業の社長がいました。そういう時ってこれからも業績は好調と思ってしまうものです。運転資金という名目で融資を受けて、愛人にマンションを買ってあげました。しかし、時間とお金を事業以外に注いでしまったためでしょうか、その後業績は低迷し始めました。当然ですけど、愛人もマンションもお金を増やしてはくれませんから、毎月の返済が厳しくなってしまい、しばらくして倒産しました。

 

 

またこれも昔ですけど、経理をお手伝いしている会社で通帳や領収書をチェックしていたのですが、同じキャバクラの領収書が毎週あることに気が付きました。奥さんに確認すると、どうやら浮気をしているとのことでした。

348890

どちらも社長が女性のために時間とお金を使ってしまったためでしょうか、事業にも影響が出てしまいました。

 

社長が男性の場合、奥さんが経理等を手伝ったり、家を守ってくれていることも多いでしょう。だからこそ仕事に集中できるのです。結婚している男性社長は、浮気したりせず、仕事ばかりではなく、奥さんの事も大切にしましょう。

 

さもないと離婚されてしまいますよ。
376849

ピックアップ記事

  1. 悪質な粉飾決算は絶対にやめましょう
  2. 中小企業の事業リスク>金融機関の信用リスク
  3. 税理士変更を検討してみませんか
  4. 条件変更改善型借換保証
  5. 当社は記帳代行も行っています

関連記事

  1. ブログ

    取引銀行の支店長がやってきた

    銀行の支店長といえば、支店の中で椅子に座って仕事をしているイメージを持…

  2. ブログ

    12月の資金繰りについて

    12月はいろいろ資金繰りが忙しい月ですから、以下の点について注意してく…

  3. ブログ

    個人事業主のみなさん、確定申告のほうは順調ですか

    平成28年分の確定申告ですが、2月16日から申告書の受け付けが始まり、…

  4. ブログ

    保証協会付き融資を使ってプロパー融資も獲得を

    プロパー融資というのは、信用保証協会(以下、保証協会)の保証が付かない…

  5. ブログ

    東京都新保証付融資制度

    東京都新保証付融資制度とは、「東京都と地域の金融機関とが連携して実施す…

  6. ブログ

    融資審査にAI(人工知能)を活用

    AI(人工知能)の技術進歩は目覚ましいものがあり、金融業界でのAI(人…

無料・有料相談実施中

ピックアップ記事

2016年10月
« 9月   11月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

おすすめ記事

  1. 銀行融資

    金融機関の対応が遅い
  2. ブログ

    中小企業再生支援セミナー
  3. 銀行融資

    増加する日本政策金融公庫と民間金融機関の協調融資
  4. 銀行融資

    金融機関は敵ではない
  5. 中小企業支援制度

    公的機関を無料で活用した人手不足解消策
PAGE TOP