ブログ

男性社長は奥さんを大切に

三井住友銀行の元副支店長による詐欺事件がニュースになりました。

 

報道によると被害総額は11億円程度とのことですが、約5億円は回収したそうですから、こういう事件にしては半分程度回収できたのは良いほうかなと思います。

 

でもやっぱりこういう事件を起こして大金を得ると、女性にお金を使ってしまうものなんですかね。

 

この元副支店長は女性に貢ぐためだけではなかったようですが、銀行員は真面目な人が多いからでしょうか、女性が原因で出世コースから外れてしまったり、銀行を去らなければならなくなったりした人を知っています。

 

たまたま飲みに行ったお店の女性に惚れ込んでしまい、お店に通うため行内で犯罪に手を出してしまったという人がいました。水商売の女性に手を出したらヤクザの彼女だったらしく、落とし前をつけろと脅されて、顧客の預金を自分のものにして差し出した行員もいました(どこの銀行かは言いませんけど)。

 

 

だけど、結婚している男性社長は女性関係には注意しましょう。

 

業績が良くなってちょっとお金に余裕が出ると、奥さん以外の女性に時間とお金を注ぎ込んでしまい、その影響で業績が傾く会社を結構見てきました。

 

私のお客様ではありませんが、ちょっと業績が良い印刷業の社長がいました。そういう時ってこれからも業績は好調と思ってしまうものです。運転資金という名目で融資を受けて、愛人にマンションを買ってあげました。しかし、時間とお金を事業以外に注いでしまったためでしょうか、その後業績は低迷し始めました。当然ですけど、愛人もマンションもお金を増やしてはくれませんから、毎月の返済が厳しくなってしまい、しばらくして倒産しました。

 

 

またこれも昔ですけど、経理をお手伝いしている会社で通帳や領収書をチェックしていたのですが、同じキャバクラの領収書が毎週あることに気が付きました。奥さんに確認すると、どうやら浮気をしているとのことでした。

348890

どちらも社長が女性のために時間とお金を使ってしまったためでしょうか、事業にも影響が出てしまいました。

 

社長が男性の場合、奥さんが経理等を手伝ったり、家を守ってくれていることも多いでしょう。だからこそ仕事に集中できるのです。結婚している男性社長は、浮気したりせず、仕事ばかりではなく、奥さんの事も大切にしましょう。

 

さもないと離婚されてしまいますよ。
376849

赤字を黒字にした時の資金調達コスト前のページ

信用保証制度見直しの方向性を公表次のページ

ピックアップ記事

  1. 認定支援機関の活用
  2. 営業利益は黒字ですか?
  3. 今の経営で大丈夫ですか?
  4. 税理士変更を検討してみませんか
  5. リスケは経営者が動かないと

関連記事

  1. ブログ

    みずほFGは6月から次期勘定系システムに移行開始

    みずほ銀行といえば合併してすぐにシステムトラブルが発生し、東日本大震災…

  2. ブログ

    融資獲得には積極的な情報提供が必要

    金融機関の融資姿勢としては、決算書も今まで通り大切ではありますが、最近…

  3. ブログ

    儲からないのは経営者の責任

    顧問先を定期訪問していると、「他の業種は景気いいですか」「今はどんな業…

  4. 経営者

    住宅ローン返済が困難なら

    コロナ禍で住宅ローン返済が困難になる件数は増えています。経営者…

  5. ブログ

    信用保証制度見直しの方向性を公表

    信用保証協会(以下、保証協会)とは、中小企業が金融機関から事業資金の融…

  6. ブログ

    融資の5原則

    金融機関は融資の是非を審査するにあたっての判断根拠に融資の5原則があり…

資金繰りコンサルタントのブログとは

資金繰りや経営改善、経理業務でお困りの中小企業経営者を応援するブログです。資金繰りや経営の改善、金融機関との上手な付き合い方を中心した内容で、千葉県市川市より情報発信していきます。

無料・有料相談を実施中です。詳しくは当社HP「無料・有料相談のご案内」をご覧ください。

ピックアップ記事

バックナンバー

おすすめ記事

  1. 銀行融資

    知ってナットク!事例集
  2. 資金繰り

    キャッシュ・コンバージョン・サイクル
  3. エム・エヌ・コンサルからのご案内

    提携税理士さんが増えました
  4. 資金繰り

    販路開拓は慎重に
  5. 中小企業経営

    経営改善は専門家に相談を
PAGE TOP