ブログ

赤字を黒字にした時の資金調達コスト

金融機関は金融庁から過度に決算書に依存しない融資の推進を求められているとはいえ、やはり融資先の決算書は赤字よりも黒字であって欲しいと思っています。

 

少しの赤字程度なら、売上を前倒ししてでも利益を出して欲しいと思っている行職員もいるでしょう。

 

行職員は融資のノルマを課せられています。赤字よりも黒字の方が上司の承認をもらいやすいですから、自分自身のノルマ達成のためにも黒字であって欲しいのです。

 

金融機関から頻繁に融資を受けなければならない社長としては、何とか黒字に、最悪でも2期連続の赤字は絶対に避けなければならない、という気持ちが強く、粉飾をしてでも黒字決算にしている中小企業は多いです。

446728

そのため、本来払う必要のない法人税や地方税を納める必要があります。また、売上高を架空あるいは前倒し計上すれば、消費税も余計に納付する羽目になります。

 

しかし、そこまでやって必ず融資を受けられるという保証はありません。それに融資が受けられたとしても、そのための余計な税金はある意味、借入金の利息と同じ意味合いを持っていると思います。

 

そうすると、赤字を無理やり黒字にして融資を受ける資金調達コストは、結構高いものになることが分かるでしょう。

 

税引後当期利益まで黒字であるのが理想的でしょうが、金融機関が重視するのは営業利益(あるいは経常利益)です。経費の中に、不良在庫や不良債権の処分損、役員への退職金、固定資産の処分損や売却損、その他にも通常発生しない特殊な経費があるようでしたら、売上原価や販管費には計上せず、特別損失に計上しましょう。それによって税引後利益は赤字であったとしても、営業利益や経常利益はプラスで改善されるのであれば、金融機関からの評価はあまり気にする必要はありません。

ピックアップ記事

  1. 経営セカンドオピニオンは全国対応にしました
  2. 融資を受けられない中小企業様へ
  3. 経営に役立つ経理を
  4. 認定支援機関の活用
  5. 今の経営で大丈夫ですか?

関連記事

  1. ブログ

    社員の退職で業務に支障が出ないようにしましょう

    先週、顧問先の社長から今期の計画が大幅に狂いそうだと相談を受けました。…

  2. エム・エヌ・コンサルからのご案内

    Cwaveの番組『行政書士杉井の「まだ依頼するな!」』に出演します

    インターネット放送局Cwaveに『行政書士杉井の「まだ依頼するな!」』…

  3. ブログ

    平成28年事務年度金融レポート

    金融庁は10月25日、2016事務年度(16年7月~17年6月)の金融…

  4. ブログ

    東京信用保証協会の創立80周年記念特別保証制度「サンクス80」

    「サンクス80とは」東京信用保証協会は9月2日に創立80周年を迎え…

  5. 銀行融資

    新規の融資実行まで約3週間

    最近、顧問先に付き合いのある金融機関を紹介する事が多かったため、融資を…

  6. ブログ

    営業利益は黒字ですか?

    皆さんは自分の会社の営業利益がいくらか把握していますか。&nb…

無料・有料相談実施中

ピックアップ記事

2016年10月
« 9月   11月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

おすすめ記事

  1. ブログ

    低格付け企業への支店長融資権限拡大の動き
  2. ブログ

    民業圧迫
  3. ブログ

    コンサルタントの活用の仕方
  4. ブログ

    飲食店の経営は大変ですね
  5. ブログ

    設備資金の返済はゆとりを持って
PAGE TOP