銀行融資

地方銀行は地元と他地域から進出してきたのとどちらと取引すべきか

地方銀行は地元での融資の件数・金額ともにそれほど伸びがないため、隣接県や東京等の大都市に融資先を求めて進出することが珍しくありません。
どうしても地方では融資する先も限られるでしょうから、新たな融資先や残高を確保するためには地方銀行としてはやむを得ないのかもしれません。
かつては自行のエリア内だけで競争していればよかったものが、今は隣に進出したりされたりで、金融機関の間での競争は激しくなっています。

しかし、そのような他地域に進出した地方銀行は地元では有名であっても、他地域では無名ですから、手っ取り早く結果を出すためにはやはり低金利を提示して融資先を獲得しているようです。

金融庁の(少し古いのですが、平成26年7月に公表された)金融モニタリングレポートにそれに関する結果がありました。http://www.fsa.go.jp/news/26/20140704-5/01.pdf
%e5%9c%b0%e5%9f%9f%e5%88%a5%e9%87%91%e5%88%a9%e9%81%a9%e7%94%a8%e7%8a%b6%e6%b3%81

これを見ると、地元よりも隣接県や東京では低金利で融資をしている結果となっています。
なお、金融庁は地方銀行が他地域に低金利で進出することを快く思ってはいません。地元企業の成長や経営改善の支援に力を入れるよう求めています。
そうすると他地域から進出してきた地方銀行から融資の提案があった場合、すでに取引のある金融機関よりもメリットが大きいかもしれません。聞いたことが無い銀行が訪問して来ても、まずは会ってみましょう。

ただし、一つだけ注意するべきことがあります。それはそのような地方銀行をメイン行にしようとは考えない事です。全ての取引を他から進出してきた地方銀行に変更するのは問題があります。

なぜなら、他地域に進出して低金利での貸し出しで利益が薄いうえに、融資残高が思うように伸びなければ、その地域から撤退することは十分に考えられますし、完全撤退でないにしても人員を減らして、今までのようなサービスを得られなくなることも考えられるからです。

千葉銀行が東京や茨城から撤退することはあっても、(当たり前ですが)千葉県から撤退することはありません。長期間安定して取り引きできるのは地元の金融機関といえます。地元の金融機関を中心に取引をしながら、そのような他地域からの地方銀行とも取引をするようにして下さい。
目先の金利だけで判断しないようにしましょう。

ピックアップ記事

  1. リスケは経営者が動かないと
  2. 融資を受けられない中小企業様へ
  3. 経営改善に必要なこと
  4. 認定支援機関の活用
  5. 経営コンサルタント+税理士で御社の経営を支援

関連記事

  1. 銀行融資

    採算性で評価されないために

    ある企業が3つの銀行(A、B、C)と付き合っているとします。A…

  2. 経理業務

    月末の在庫を把握しましょう

    顧問先企業への訪問や面談相談で試算表を拝見することは多いのですが、商品…

  3. ブログ

    狙いは集金だけではない

    かつて金融機関は積立預金の集金で取引先のところによく行っていました。信…

  4. ブログ

    異なる都道府県の信用保証協会を利用できるか

    信用保証協会に関係した質問でよくあるのが、会社を移転すれば、移転先での…

  5. 銀行融資

    人事異動で融資が厳しくならないように

    金融機関には人事異動が頻繁にあります。みなさんもせっかく担当者と仲良く…

  6. ブログ

    営業外収益の補助金計上は自社の強みのサイン

    決算書の中にある損益計算書は、一会計期間の間にいくら儲かったのか、企業…

資金繰りコンサルタントのブログとは

資金繰りや経営改善、経理業務でお困りの中小企業経営者を応援するブログです。資金繰りや経営の改善、金融機関との上手な付き合い方を中心した内容で、千葉県市川市より情報発信していきます。

無料・有料相談を実施中です。詳しくは当社HP「無料・有料相談のご案内」をご覧ください。

ピックアップ記事

バックナンバー

おすすめ記事

  1. その他いろいろ

    弘法寺の伏姫桜
  2. 金融機関に関するニュース

    みずほ銀行ATM、明日からお休みですよ
  3. その他いろいろ

    税務署に行ってきました
  4. エム・エヌ・コンサルからのご案内

    資金繰り相談受付中です
  5. 経理業務

    売掛金の管理強化と早期対応を
PAGE TOP