中小企業支援制度

経営セーフティ共済(中小企業倒産防止共済)

経営セーフティ共済(中小企業倒産防止共済)は、昭和53年からスタートした制度で、中小企業を連鎖倒産から守ることを目的としています

どちらかというと「倒産防止」という名前のほうが有名かもしれません。

経営セーフティ共済(中小企業倒産防止共済)は、独立行政法人中小企業基盤整備機構が運営しています。

加入できる中小企業者

1年以上営業していて、下の表の各業種において、「資本金の額または出資の総額」、「常時使用する従業員数」のいずれかに該当する会社または個人の中小企業者ならば加入できます。

%e5%8a%a0%e5%85%a5%e8%a6%81%e4%bb%b6

 

貸付制度

経営セーフティ共済に加入すると、取引先事業者が倒産して売掛債権等が回収困難となった場合には、共済金の貸付を受けることができます。

共済金の貸付は、取引先事業者の倒産で回収困難となった売掛最近と前渡金返還請求権の額と、掛金総額の10倍に相当する額のいずれか少ない額の範囲内となります。掛金は最大800万円となっていることから、最大では8,000万円ということになります。

貸付は無担保、無保証、無利子です。ただし、貸付を受けた場合は、共済金の貸付額の10分の1に相当する額が払い込んだ掛金から控除されてしまいます。

取引先が倒産して自社も大きな影響を受けていると、金融機関も融資に消極的になってしまうことがあります。そのような状態に陥った場合には、この制度は利用価値があるかと思います。

なお、取引先事業者の倒産が、加入後6ヶ月未満に生じた場合等は貸付が受けられません。それ以外にも条件はあるので、中小企業基盤整備機構のホームページで確認してください。

http://www.smrj.go.jp/tkyosai/050950.html

 節税効果

経営セーフティ共済は税制上の配慮がなされています。

毎月の掛金は5,000円から20万円の範囲内で選択できます。毎月支払うこともできますし、掛金は前納することもできます。期末近くになって節税をしたいということで、短期前払費用として1年分(最大240万円、20万円×12か月)を損金に算入することができます。

ただし、解約した場合の解約金は益金となります。そのため、節税効果としては課税の繰り延べということになります。

節税を目的とするのであれば、利益が出ているときに加入をして節税し、業績が悪化したときに解約をして利益を出す利用が考えられます。節税については自社の顧問税理士に確認してください。

 解約について

この共催については、掛け金が全額損金になりますが掛け捨ての制度ではありません。

%e5%80%92%e7%94%a3%e9%98%b2%e6%ad%a2%e8%a7%a3%e7%b4%84%e6%89%8b%e5%bd%93%e9%87%91掛金納付月数が12か月以上あれば掛け金の80%、40か月以上あれば掛金全額が返還されます。なお、12か月未満や不正行為があった等の場合は支払われません。

まとめ

セーフティネット共済は、取引先の倒産による資金繰り悪化に対応でき、かつ節税効果もあることから、メリットは大きいといえます。そのため、金融機関も融資先に利用を勧めてくる制度です。

無理のない範囲の金額設定をして、節税をしながら自社を守っていく事ができるので、売掛先の倒産リスクがある、節税を考えている中小企業者は加入を検討してみてはいかがでしょうか。

利用するには細かい条件がありますから、ホームページの内容も確認してください。

http://www.smrj.go.jp/tkyosai/000771.html

円滑な資金供給の促進に向けて前のページ

地方銀行は地元と他地域から進出してきたのとどちらと取引すべきか次のページ

ピックアップ記事

  1. 今の経営で大丈夫ですか?
  2. 経営改善の秘訣は経営改善計画の策定とモニタリング
  3. 経営改善に必要なこと
  4. 中小企業の事業リスク>金融機関の信用リスク
  5. 営業利益は黒字ですか?

関連記事

  1. ブログ

    経営改善ができない経営者さんへ

    2月または3月決算書の会社さんは、これまでの受注状況や来店客数の推移か…

  2. 中小企業支援制度

    顧問先の第3回目モニタリング

    経営改善計画策定支援事業(通称405事業)を使って経営改善のお手伝いを…

  3. 資金繰り

    経済産業省がファクタリングを勧めている?

    資金調達手段の一つであるファクタリングは、売掛債権を売却して資金を調達…

  4. 中小企業支援制度

    経営改善計画策定後のモニタリング支援

    昨日訪問した顧問先は建築士さんです。最近は売上も順調に回復して、資金繰…

  5. 資金繰り

    毎月の積立額が多い

    預金金利が極めて低い状況は長年続き、そのため定期預金や積立預金をするメ…

資金繰りコンサルタントのブログとは

資金繰りや経営改善、経理業務でお困りの中小企業経営者を応援するブログです。資金繰りや経営の改善、金融機関との上手な付き合い方を中心した内容で、千葉県市川市より情報発信していきます。

無料・有料相談を実施中です。詳しくは当社HP「無料・有料相談のご案内」をご覧ください。

ピックアップ記事

バックナンバー

おすすめ記事

  1. 銀行融資

    断る案件ほど早く回答
  2. 経理業務

    法人クレジットカードのメリット
  3. ブログ

    経営上の問題は早めに改善を
  4. 中小企業支援制度

    セーフティネット保証4号認定申請前に必ず確認を
  5. 中小企業経営

    これまでいなかった人材の受け入れ
PAGE TOP