ブログ

領収書でなくレシートでも大丈夫

食事や買い物をしていると、「領収書を下さい」と言っている人を見かけたことがあるかと思います。私もそうですが社長であれば仕事関係の買い物をしたり、取引先などと食事をしたりすると、「領収書を下さい」と言うことはあります。

 

しかし、領収書でなくてもレシートで大丈夫です。

a2bb1ce1c08ad40068cf74b66ab8de00_s

というのも、レシートには日付、お店の名前、住所や連絡先、内容、金額が細かく書かれていることが多いので証拠能力が十分あります。したがって、税務調査があっても問題ありません。むしろ、領収書よりも内容が詳しく記載されているので、税務調査に来た税務署職員にはレシートのほうが都合はいいようです。

 

飲食ですと注文したものだけでなく人数も載っていることも多いですから、その場合は一人あたりの食事代が分かります。何か買ったにしても、買ったものが書かれていれば、明らかに個人的なものかどうか分かりやすいからですね。

 

そのためか、家族で食事をした、あるいは個人的なものが含まれた買い物の場合は、税務署に知られたくないから領収書をもらっている社長もいるようです。

 

もし詳しく書かれていないレシートの場合は、領収書をもらうようにしましょう。

 

レシートではなく領収書をもらうことが社内のルールになっている場合は、領収書をもらわないといけませんが、そうでないのならレシートで問題になることはありません。

 

なお、中小企業で社長が個人のものと仕事関係のものを一緒に買って、レシートにも両方が載っている場合は、個人のものを線でも引いて消しておけば問題ありません。

ピックアップ記事

  1. 経営改善の秘訣は経営改善計画の策定とモニタリング
  2. 経営改善に必要なこと
  3. 中小企業も書類作成能力が必要
  4. 経営セカンドオピニオンは全国対応にしました
  5. 経営に役立つ経理を

関連記事

  1. ブログ

    設備資金の返済はゆとりを持って

    中小企業にとって機械等の設備導入は、将来の経営にも大きな影響を与えます…

  2. エム・エヌ・コンサルからのご案内

    年末年始休業のお知らせ

    平素は格別のお引き立てを賜り、厚く御礼申し上げます。&nbsp…

  3. ブログ

    交際費

    「中小企業の社長は交際費が好きに使えていいな 」という声を聞くことがあ…

  4. 経理業務

    経理部長代行のご依頼が増えました

    資金繰りや経営の改善、銀行融資取引の支援だけではなく、当社は経理業務の…

  5. 経理業務

    役員報酬に関する注意点

    市川法人会の税制セミナーに行ってきました。昨日なんですけどね。…

  6. ブログ

    税金滞納と銀行融資

    本来あってはならない事ではありますが、資金繰りが苦しいことから納税資金…

無料・有料相談実施中

ピックアップ記事

2016年9月
« 8月   10月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

おすすめ記事

  1. ブログ

    従業員に気を遣う経営者
  2. ブログ

    4月から見直された信用補完制度がスタート
  3. 銀行融資

    手形貸付の提案
  4. ブログ

    ネットの情報が正しいとは限らない
  5. 中小企業経営

    経営改善は進んでいますか?
PAGE TOP