ブログ

領収書でなくレシートでも大丈夫

食事や買い物をしていると、「領収書を下さい」と言っている人を見かけたことがあるかと思います。私もそうですが社長であれば仕事関係の買い物をしたり、取引先などと食事をしたりすると、「領収書を下さい」と言うことはあります。

 

しかし、領収書でなくてもレシートで大丈夫です。

a2bb1ce1c08ad40068cf74b66ab8de00_s

というのも、レシートには日付、お店の名前、住所や連絡先、内容、金額が細かく書かれていることが多いので証拠能力が十分あります。したがって、税務調査があっても問題ありません。むしろ、領収書よりも内容が詳しく記載されているので、税務調査に来た税務署職員にはレシートのほうが都合はいいようです。

 

飲食ですと注文したものだけでなく人数も載っていることも多いですから、その場合は一人あたりの食事代が分かります。何か買ったにしても、買ったものが書かれていれば、明らかに個人的なものかどうか分かりやすいからですね。

 

そのためか、家族で食事をした、あるいは個人的なものが含まれた買い物の場合は、税務署に知られたくないから領収書をもらっている社長もいるようです。

 

もし詳しく書かれていないレシートの場合は、領収書をもらうようにしましょう。

 

レシートではなく領収書をもらうことが社内のルールになっている場合は、領収書をもらわないといけませんが、そうでないのならレシートで問題になることはありません。

 

なお、中小企業で社長が個人のものと仕事関係のものを一緒に買って、レシートにも両方が載っている場合は、個人のものを線でも引いて消しておけば問題ありません。

ピックアップ記事

  1. 営業利益は黒字ですか?
  2. あきらめずにぜひご相談を
  3. 経営改善に必要なこと
  4. 経営改善の秘訣は経営改善計画の策定とモニタリング
  5. 中小企業も書類作成能力が必要

関連記事

  1. ブログ

    借入金利が上昇する可能性

    超低金利時代の影響もあり、低金利での資金調達ができている中小企業も多い…

  2. ブログ

    起業セミナー被害がニュースになっていました

    起業のための内容はないのに起業家育成プログラムと称し若者に高額の受講料…

  3. ブログ

    見直し後の信用補完制度は平成30年4月1日からスタート

    平成27年11月から信用補完制度の見直しが議論され、平成28年12月2…

  4. ブログ

    東京都は年末・年度末の資金需要対策を実施

    東京都の制度融資についてなのですが、年末から年度末にかけて中小企業の緊…

  5. ブログ

    アルトア オンライン融資サービス

    弥生会計は会計ソフトではシェアNO.1ですし、クラウド会計の分野でもや…

  6. ブログ

    政治家への融資口利き依頼

    中小企業の資金繰りに関するコンサルタントをしている…

無料・有料相談実施中

ピックアップ記事

2016年9月
« 8月   10月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

おすすめ記事

  1. 資金繰り

    残ったお金で返済する
  2. ブログ

    経営改善支援をしていて思う事
  3. ブログ

    銀行員と喧嘩
  4. 起業(創業)

    営業が苦手なら起業しないほうがいい
  5. 中小企業経営

    平成29年度乗用車市場動向調査
PAGE TOP