検索キーワード(弊社HPに来たキーワード)

自己資本 マイナス

ホームページに来ていただいたキーワードを確認してみると、「自己資本 マイナス」はほぼ1日1回出てきます。

自己資本がマイナスの状態を債務超過といいます。

みなさんの会社の決算書も見た目は自己資本がプラスであったとしても、実体は債務超過であるかもしれません。

edccc89c8d50d9c287fb3ef08210b8c3_s

決算書の中に貸借対照表があると思います。

貸借対照表の右下辺りに純資産の部(これを自己資本といいます)があって、その中には資本金、繰越利益などの金額が載っています。その合計がプラスであればいいのですが、マイナスだと債務超過となります。

プラスであれば資産を全て現金化して負債を清算しても手元に現金が残り、それを株主に返還することができます。

しかし、貸借対照表というのは正しい数字を表しているとは限りません。

左側にある資産は記載されているだけの価値があるのか、

例えば

・長期間回収できない売掛金が入っていないか

・ずっと売れない商品が含まれていないか

・車両は減価償却せず購入した時の金額のままではないか

そのような資産価値の無いものを資産から引いてみるのです。金融機関でもそういう処理はやっています。

資産1,000万、負債700万、純資産(自己資本)300万の会社があったとします。

貸借対照表

資産がそのまま1,000万の価値があるとしたら、借入金などの負債を全て返済しても300万残ります。

もし、資産の中に次のようなものがあったとします。

・流行遅れの商品100万

・すでに倒産した取引先に対する売掛金300

これら100万と300万は資産価値が無く、資産は1,000万ではなく600万(1,000-100-300)となります。

貸借対照表債務超過そうすると負債700を全て返済することができません。

純資産(自己資本)はマイナス100(300-400)になります。自己資本がマイナスの状態であり、これを債務超過というのです。

このように債務超過の状態は、全資産を処分しても負債を返済できないのです。金融機関としては融資をしてもいざというときに全額回収できないリスクが非常に高いので、債務超過での融資には消極的となるのです。

東京都新保証付融資制度前のページ

ファクタリング次のページ

ピックアップ記事

  1. あきらめずにぜひご相談を
  2. 古い情報よりも専門家の最新アドバイスを
  3. リスケは経営者が動かないと
  4. 悪質な粉飾決算は絶対にやめましょう
  5. 経営コンサルタント+税理士で御社の経営を支援

関連記事

  1. 検索キーワード(弊社HPに来たキーワード)

    粉飾決算とリスケジュールでの検索

    「粉飾決算、リスケジュール」の組み合わせで検索し、当社ホームページにた…

  2. 検索キーワード(弊社HPに来たキーワード)

    消費税とファクタリング 

    今月に入って、「消費税」と「ファクタリング」を一緒に検索して当社ホーム…

  3. 検索キーワード(弊社HPに来たキーワード)

    融資コンサルティング

    企業の資金調達を支援するサービスは、一般的に「資金調達コンサルティング…

  4. 検索キーワード(弊社HPに来たキーワード)

    粉飾決算がバレてしまった

    昨日、このタイトルでホームページに来て下さった方がいます。中小…

  5. 検索キーワード(弊社HPに来たキーワード)

    条件変更改善型借換保証のアクセス増

    条件変更改善型借換保証とは信用保証協会の保証制度の1つで、金融機関への…

  6. ブログ

    銀行員と喧嘩

    昨日、「銀行員と喧嘩」で検索して下さった方がいました。こういう方は結構…

資金繰りコンサルタントのブログとは

資金繰りや経営改善、金融機関との銀行融資取引、経理業務でお困りの中小企業経営者を応援するブログです。資金繰りや経営の改善、金融機関との上手な付き合い方を中心した内容で、東京都千代田区・千葉県市川市より情報発信します。

無料・有料相談を実施中です。詳しくは当社HP「無料・有料相談のご案内」をご覧ください。

ピックアップ記事

バックナンバー

おすすめ記事

  1. 中小企業経営

    ブログを始めて2年です
  2. 経理業務

    自動車販売会社の架空在庫計上
  3. 中小企業経営

    近くに信頼できる専門家いませんか
  4. 経理業務

    決算月は慎重に決める
  5. 中小企業経営

    売上債権の管理強化を
PAGE TOP