• 資金繰り・経営を改善したい社長向け

    会社を経営していると悩みや困ったことが尽きることはないと思います。

     

    社長は業績が良くても悪くても、日々様々な問題に直面します。

     

    そして、社長の悩みは大きく次の3つになるかと思います。

    ・お金の悩み

    (例、資金繰り、金融機関との付き合い、税金)

     

    ・営業の悩み

    (例、販路開拓、売上増加)

     

    ・人の悩み

    (例、人材の募集、すぐに辞めてしまう、思うように働いてくれない)

     

    中小企業の社長は孤独だという方が非常に多く、どんなことでも相談できる幹部社員がいないため、一人で重要な決断を日々下していかなければなりません。

     

    しかし、社長だからといって常に正しい判断ができるわけではありませんし、経営のあらゆることに詳しいとも限りません。

     

    そのような時に右腕・参謀となる人材がいることで、社長が誤った判断を下さない、もし間違った判断を下したときは直ちに修正することが可能となります。また、社長に不足している能力を補うことができますから、自社の経営にいい影響をもたらすことになります。

     

     

    少し古い中小企業白書ですが、社長の右腕の有無と従業者数増加率に差が出ていることが分かっています。右腕がいる企業の方が従業者数増加率は高いのです。

    %e5%8f%b3%e8%85%95%e3%81%ae%e6%9c%89%e7%84%a1%e3%81%a8%e5%be%93%e6%a5%ad%e8%80%85%e6%95%b0%e5%a2%97%e5%8a%a0%e7%8e%87%e3%80%80

    中小企業庁「中小企業白書(2005年版,第3-2-13図)」より

     

    中小企業だからこそ社長の右腕・参謀が必要なのです。

     

    しかし、経営幹部を雇用するとなると人件費的にもかなり難しくなってしまうでしょう。

     

    そこでアルバイトや新入社員の月給程度の報酬で右腕・参謀となり、社長の悩みや困りごとを一緒に解決するお手伝いをしております。

     

    このようなことを思ったことはありませんか。

    ・悪化した業績や資金繰りを立て直す協力者を求めている

    ・自社の目標とする業績を実現するために協力して欲しい

    ・経理財務といった数字やお金に関することが苦手だ

    ・顧問税理士以外にも相談相手が欲しい

    ・取引金融機関に評価される経営をしていきたい

    ・日々の経営相談相手になって欲しい

     

    この業務についてご興味がありましたらぜひご連絡下さい。

    まずは御社の悩みや困っている事を詳しくお聞かせ下さい。そしてそれに応じた具体的なサポートを提案します。