• 資金繰り・経営を改善したい社長向け

    計画未達の場合の銀行への報告

    当社のお客様の何社かは、取引銀行に経営改善計画書を提出して、その後の進捗状況を定期的に報告しています。   当然、決算書が完成すれば、それを持って取引銀行に1年間の報告をすることになります。 …

    続きを読む


    「やめる」判断

    当社の最寄駅に近い場所で居酒屋がオープンしたのですが、3か月もせずに閉店してしまいました。   入口の張り紙には家の都合みたいな理由が書かれていましたが、あまりにも早すぎるような気がします。 …

    続きを読む


    損益分岐点売上高

    経営者の皆さんは、自社の損益がゼロとなる売上高をご存知ですか。   赤字にはならないために、少なくともいくら以上の売上高が必要か把握されているでしょうか。   黒字でも赤字でもない …

    続きを読む


    提供する情報量が多いと融資の成功確率は高くなる

    銀行が中小企業向け融資をする際の判断材料として、当然大きな影響を与えるのは決算書です。   業績が良好で多額の利益を出している決算書を作成しているのであれば、資金調達で困ることは少ないでしょ …

    続きを読む


    粉飾決算をするぐらいならリスケジュールを

    リスケジュール(以下、リスケ)を取引銀行に申請する企業というのは、その前段階ですでに「借りて返す」を繰り返している借換体質に陥っていることがほとんどです。   A銀行への返済が苦しいのでB銀 …

    続きを読む


    バンクビジネス7月15日号に監修記事が掲載されました

    バンクビジネス2017年7月15日号に、私が監修しました記事が掲載されました。   信用保証制度が一部改正された事に関する内容です。 6月7日に「中小企業の経営の改善発達を促進するための中小 …

    続きを読む


    定期預金を担保にした融資

    御社には預金担保による借入金はありませんか?   業歴の浅い企業ではほとんど見られないのですが、20年とか30年以上の企業になってくると、定期預金を担保とした借入金が載っている決算書に出会う …

    続きを読む


    設備投資を検討しませんか?

    減価償却が終了した固定資産がありませんか?   決算書を拝見すると固定資産の部に、製造業でしたら機械装置、運送業でしたら車両といった固定資産が計上されています。   そのような固定 …

    続きを読む


    出資

    中小企業が資金調達する方法は金融機関からの融資だけではありません。   出資もその一つです。   出資者に株式を保有してもらうかわりに、その分の資金を提供してもらいます。 &nbs …

    続きを読む