• 資金繰り・経営を改善したい社長向け

    金融庁は8月31日、2018年7月に組織再編を行い検査局を廃止すると発表しました。そして、それに伴って金融検査マニュアルも廃止されますが、新たな検査指針が9月末をメドに公表される見通しです。

     

    金融検査マニュアルは、バブル経済崩壊後の1999年に作られました。当時の銀行の不良債権処理を促す役割を果たして来ました。

     

    本来は金融庁検査官を対象とした、検査時の着眼点が書かれている「手引書」だったわけですが、銀行の融資姿勢にも大きな(マイナスの)影響を与えてしまったことは間違いありません。このマニュアルによる金融検査によって、銀行の消極的な融資姿勢へとつながり、事業に対する目利き力を低下させたのです。

    皆さんの中には「半沢直樹」というドラマをご覧になった方も多いでしょう。私が銀行員だった頃は、まだ金融庁となる前でしたから大蔵省の時代でした。その時代にももちろん検査があって、支店長が新入行員の私に「瀬野さん、検査って大変なんだぞ」と教えてくれたことを今でも覚えています。

     

    すでに、金融庁は4年前から大口債権以外については、銀行の自主性を尊重する方針を打ち出し、金融検査マニュアルの運用を停止しています。

     

    なお、検査局と金融検査マニュアルは廃止になっても、これからも金融庁による銀行の検査は続けられます。

     

    今まではどちらかというと過去の財務データを重視し過ぎた傾向にありました。これからも決算書の数字は大切ですが、企業の将来性も同様に重視していく検査になります。過去だけでなく将来もしっかり見ていこうという姿勢なのです。

     

    銀行はリスクの高い融資にも取り組みやすくなりますから、この流れは私たち中小企業には歓迎すべきものです。

     

    これまでは決算書がダメだと(優良担保でもない限り)保証協会付き融資ぐらいしか選択肢がありませんでした。しかし、将来の返済能力に問題ないと判断すれば、プロパー融資でも対応しやすいのです。

    中小企業がやるべきことは以前のブログでも述べた通りです。

     

    まずは黒字の決算書になるよう日々努力していくことはもちろんですが、それだけではありません。定期的(3か月、半年等)に試算表や資金繰り表を持って業績の報告、赤字が続いている等の問題点があればどのように解決していくのかも報告しましょう。もちろん、決算書が出来上がったら決算報告もしてくださいね。

     

    そして、業績の良し悪しに関係なく、1年間どのような経営をしていくかを簡単でも計画書にまとめ、進捗状況を報告するとより銀行との関係にもプラスとなります。

     

    ■中小企業の経営改善、資金繰り安定、銀行との良好な融資取引、経理業務のサポートを行っています。
    詳しくは当社ホームページを参照してください。

     

     

    クリックのご協力をお願いします


    社長ブログランキング