• 資金繰り・経営を改善したい社長向け

    第一勧業信用組合という金融機関があります。

     

    東京都新宿区に本店があり東京都を営業エリアにしています。

     

    もう12年位前の事ですが、当時の顧問先が初めて金融機関から資金調達をする事になって、「どの金融機関が良いのでしょうか」と尋ねられたので、第一勧業信用組合を勧めた事があります。

     

    やや面倒な融資案件だったのですが、担当者はよく動いてくれて、希望額の融資を受けることが出来ました。

     

    そんな中小企業にやさしい第一勧業信用組合が、千葉県市川市、浦安市にも営業エリアを拡大させたと親しい職員さんから連絡を頂きました。

     

    千葉県に支店等はありませんが、市川市、浦安市でも融資を行うことができるようになりました。ホームページにも8月23日に公表(営業地区の拡張について)されていました。

     

    現在の理事長は、他の金融機関でも行っている財務分析による格付け、担保・保証に依存した融資を見直す方針を就任当初から打ち出しました。中小零細企業への金融支援だけでなく、東京都内の創業支援にも熱心な金融機関です。

     

    第一勧業信用組合はお勧めできる金融機関の1つだと思いますので、市川市、浦安市の中小企業で新たな金融機関との取引を考えている経営者さんは、ぜひ当社に一度ご相談ください。

     

    信用組合や信用金庫は、銀行よりも営業エリアが狭いというイメージがあります。確かにその通りなのですが、最近はこのケースのように営業区域を拡大させる動きが増えています。

     

    銀行が隣接するエリアへ進出しているように、信用組合や信用金庫でも同様の動きが見られます。

     

    当社が取引している京葉銀行は、東陽町支店や品川法人営業所を開設して、企業向け融資に力を入れています。千葉銀行も品川支店や恵比寿支店を開設して、東京への進出に積極的です。

     

    地方銀行が東京での大企業向け融資を縮小して地元に回帰する動きは強まっていますが、隣接する営業区域への進出はこれからも進むと思います。

     

    第一勧業信用組合は市川市、浦安市に支店はありませんが、今後は千葉県における制度融資の取扱いも可能となる予定ですし、力を入れていきたいエリアなのでしょう。

     

    金融機関が何か新しい事を始める時というのは、結果を出すために積極的な姿勢である場合が多いです。このエリアの経営者さんで新しい取引金融機関を増やしたいとお考えでしたら、取引を検討してみてはいかがでしょうか。

     

    関心のある経営者さんは、ぜひ当社に一度ご相談ください。

     

    ■中小企業の経理部長・経営者の右腕として、経営改善、資金繰り安定、銀行との良好な融資取引、経理業務のサポートを行っています。
    詳しくは当社ホームページを参照してください。

     

    ブログランキングに参加しています。


    社長ブログランキング