• 資金繰り・経営を改善したい社長向け

    大学の友達や親戚が税理士であるという事から、その税理士と顧問契約をしている経営者が当社のお客様にいらっしゃいます。親しい間柄ですから、あまり気を使わず言いたいことを言える良好な関係ができているのなら、他の税理士よりもメリットは大きいといえるでしょう。

     

    それに、経営の調子が悪いときは顧問料の支払いを待ってもらいやすいでしょうし、ちょっとしたお願いも追加料金無しで依頼しやすいでしょう。

     

    経営者がお願いしやすい強い立場いるのならいいのですが、そうでない場合、経営面に悪影響が及んでいる企業に時々出会います。

     

    実際、私が関与している会社さんですと例えば

    ・高い顧問料(毎月15万円、決算時に50万円)を支払っているけど、申告書作成の時だけ仕事して、後は全く何もしていない。

    ・顧問料は友達や親戚価格で異常に安い(年間5万円)けど、真剣に仕事をしてくれない。

     

    問題点や不満があるのですが、他の税理士にしたいと言いだせないんですよね。

    そして、そういう税理士は「友達・親戚だから、あいつは自分を切るはずがない」と安心して、明らかに手を抜いている感じなのです。

     

    私も難しいだろうなと思いながら、「いくら親戚、友達といっても、そんな方なら別の税理士にしたほうがいいのでは」と一応申し上げますが、「そうしたいんだけどね」と経営者も悩んでいるような様子。

     

    確かにそういう人間関係って仕事以外でも会う事もありますから、なかなか顧問契約解除は言い出しにくいですよね。

     

    しかし、自社の経営にメリットがない、むしろ悪影響な人と仕事をしてもいいのでしょうか。

     

    最近出会った会社さんですと、

    ・多額の現金を持たない業種なのに、期末に現金が2,000万円残っている

    →税理士は会計ソフトのデータの内容を全くチェックしていないため、売上の二重計上等があった。

     

    ・減価償却の未計上を創業以来ずっと続けている

    →金融機関からその件について注意を受けてしまった

     

    ・私は税理士ではありませんが、素人の私から見ても明らかに消費税の計算が間違っている

    →今後の税務調査で問題に?

     

    親戚価格のため安いから、詳しくチェックしないということがあります。もし、そういうことであるのなら適正な料金を支払ってしっかり見てもらった方がいいと思います。逆にある程度の顧問料を支払っているのなら、ちゃんと料金払っているのだからしっかり支援して欲しいくらいは相手に伝えましょう。

     

    そうでないと、税務調査で指摘されることが多くなりますし、資金繰りや銀行融資取引にも影響が出てしまいます。

     

    これから、起業するので税理士を探しているのなら、そういう関係以外から探してみてはいかがでしょうか。

     

    そして、すでに付き合っている、その方に問題があるのなら、自社の利益を優先させて、変更も検討してみてはいかがでしょうか。

    親戚や友達関係はもちろん大切です。けれども、経営者でしたら自社の経営を優先する判断をするようにしましょう。

     

    ■当社が経理部長となり、提携税理士と協力して、中小企業の経理業務の支援を行っております。
    詳しくは当社ホームページ「経理部長代行」を参照してください。

     

     

    クリックをお願いします


    社長ブログランキング