• 資金繰り・経営を改善したい社長向け

    銀行が中小企業向け融資をする際の判断材料として、当然大きな影響を与えるのは決算書です。

     

    業績が良好で多額の利益を出している決算書を作成しているのであれば、資金調達で困ることは少ないでしょう。業績は良好でも多額の納税を避けるために、利益の少ない決算書を作成している中小企業も多いはずです。そもそも業績が悪い中小企業も多いです。

     

    そして、決算書だけで融資審査をされてしまうと、都合の悪い中小企業がかなり存在するでしょう。

     

    そのような場合は、例えば事業計画書、予想の損益計算書や資金繰り表、顧客と取り交わした契約書等の書類あるいは資料は、融資実行を認めてもらうための有力な情報を提供できる可能性があります。

     

    銀行の担当者というのは、基本的には取引先企業にできることなら融資をして応援したいと考えています。だから、企業側からいろいろな資料等を提供してくれると、その中から融資に有利な情報を引き出し、それを良いように解釈して、取引先に有利となるよう稟議書を作成する事ができるのです。

     

    もし、最近の業績は思わしくなかったけど、優良企業との取引が決まり、その契約書の原本を見せることができれば、今後の業績はプラスになる情報だといえます。

     

    ただ、情報を提供といっても良い内容ばかりとは限りませんね。銀行にとって取引先への貸出金の回収に大きな懸念があるようなマイナス情報でしたら難しいですが、多少の事でしたらその情報を有利に解釈することは、出来のいい銀行員でしたらやることです。

     

    例えば、「暗い人」というのは、良く言えば「落ち着いた人」と考えることができます。「うりさい、やかましい人」は、「元気がある、活動的である、場を盛り上げることができる人」等と解釈できますね。それと同じです。

     

    企業が属する業種の市場規模が縮小傾向にあるとしたら、それはマイナスの情報ではあります。しかし、取引先に同業他社とは違う強みが多少でもあれば、今後の企業の選別が進んでいくことで、むしろシェアが伸びていくと予想されると、全く逆の事を書くことができます。

     

    私もそんな風によく書いていました。決算書や各資料を見つめながら、何か良い情報というかネタはないかなと。

     

    私が担当した融資先の中に塗装会社がありました。直近の売上高が大幅に落ち込んだために、赤字かつ若干の債務超過になったのですが、粗利益率は逆に改善されていました。

     

    そんな時、「利益率の見直しを実行するため、売上先に対して取引条件の見直しを求めた。しかし、それに応じない企業も発生した事で一時的に売上高は減少したものの、利益率は改善でき、今後は新たな取引先開拓によって売上高も回復してくることから、今後は利益計上が大いに見込める」とプラスに解釈して書いていました。

    だから、できる限りいろいろな資料等を提供した方がいいのです。提供するものがたくさんあれば、それだけ多くの情報を与えることになります。担当者はそれを上手く利用して稟議書を作成するでしょう。能力のない担当者でしたら期待できないでしょうけど。

     

    経営者からすると、悪い材料を与えて悪影響にならないか不安になると思います。確かにその不安は理解できます。しかし、皆さんが付き合っている銀行員でしたら、きっと融資取引にプラスとなることでしょう。

     

    ■中小企業の銀行との良好な融資取引のサポートを行っています。詳しくは当社ホームページ「サービスのご案内」を参照してください。

     

     

    クリックのご協力をお願いします


    社長ブログランキング