• 資金繰り・経営を改善したい社長向け

    リスケジュール(以下、リスケ)を取引銀行に申請する企業というのは、その前段階ですでに「借りて返す」を繰り返している借換体質に陥っていることがほとんどです。

     

    A銀行への返済が苦しいのでB銀行から借りてA銀行への返済に充て、それでも苦しくてC銀行から借りてA,B銀行への返済に充てる、というような感じです。

     

    そのような企業は毎月の資金収支がマイナスとなっているため、どんどん手元資金が減少していきます。

     

    プロパー融資が無理でも、信用保証協会の支援で何とか資金調達できているのなら、資金繰りはまだつながりますが、その頼みの綱である信用保証協会から良い答えを得られなかったときはリスケを検討した方がいいでしょう。

     

    銀行からのプロパー融資が無理、信用保証協会からの支援も期待できないとなると、新たな資金調達はかなり難しいですから。

    資金繰りに悩んでいる経営者というのは、リスケの経験がないとかなり不安に感じるのではないでしょうか。

     

    コンサルタント等の専門家が「リスケによる支援を受けた方がいい」と言っても、経営者は「リスケなんかになったら、うちはもうずっと支援してもらえなくなる」と思い込んでしまう方もいますので、そういう意見を聞き入れてもらえないこともあります。

     

    実際にはリスケをしても事業を継続している企業なんてたくさんあるのですが、次の融資が出ないという恐怖から粉飾決算に手を出してしまうこともよくあります。

     

    粉飾決算をする場合、経営者の多くは売上高の減少を避けたいため、売上の前倒し計上をすることがよくあります。ただ、それによって消費税の負担が大きくなる場合は、在庫の水増しもよく行われています。それ以外には、仕入の計上を先送りすることも見受けられます。減価償却費の未計上は、以前はよくありましたけど、銀行が厳しくチェックしているという事が知られるようになってからは減っているように感じます。

     

    多少粉飾決算をしたけど、それでもまだいい決算書にならないということで、架空の売上高を計上したり、ひどい場合は銀行ごとに決算書を作ったりしているケースもあります。

     

    粉飾決算によって運よく資金調達ができたとしても、すでに本来の返済能力をはるかに超えた借入金になっています。だからずっと粉飾決算を続けていくのでしょうが、それもいつかは無理になっていきます。

    ですから、「もう借りられないから仕方ないのでリスケ」と、銀行に相談すれば、本来の決算書の数字を開示しなければなりません。

     

    過去の粉飾決算を銀行が許しても、膨れあがった借入金の返済は重くのしかかります。頑張れば返済できるような金額ならいいのですが、数十年、数百年かかってしまうような返済の見通しが全く立たない企業もあります。

     

    「当社も粉飾決算をしなければならないのだろうか?」と悩むようになったら、資金調達は諦めてリスケによる再生の道を探って欲しいと思います。それのほうが経営者さんのためにもなります。

     

    それと、そのような銀行融資で悩んでいる中小企業を、粉飾決算や権力者を使って融資を受けられるようにするコンサルタントがいます。どちらも異常に高い報酬で、私の聞いたところでは融資額の10~20%程度とのこと。

     

    資金繰りの悩みは正常な経営判断ができなくしてしまう場合もありますが、落ち着いて考えればそんなのを利用しても一時しのぎで何の解決策にもなりません。そんな奴らを儲けさせるだけですから、どうか利用しないでください。

     

    ■中小企業の経理部長・経営者の右腕として、経営改善、資金繰り安定、銀行との良好な融資取引のサポートをしています。詳しくは当社ホームページを参照してください。

     

     

    クリックのご協力をお願いします


    社長ブログランキング