• 資金繰り・経営を改善したい社長向け

    経営者やコンサルタントの中でも考えは様々ですが、銀行から「借りてくれ」と言われているうちに目一杯借りておいて、いざという時に備えて残しておいたほうがいいと考える方はいます。

     

    その考えは財務分析ではあまり評価されない結果になりますから、否定的な考えもあるでしょうが、お願いされている立場でしたら好条件での資金調達も可能となるでしょう。

     

    ところで、銀行って「こんなに借りても返せないよ」というぐらい、本業の利益で返済できているかどうかを問わず、「借りてくれ」と言ってくることがあります。

     

    普通に考えると、返済できるかどうか「返済能力」で審査しているかと思うでしょう。確かにそうなのですが、支店の現場ではあとどれだけこの企業は借りられるか「借入余力」から融資審査を行っていることはよくあることです。

     

    もし、みなさんの会社が信用保証協会をあまり利用していなければ、保証協会の枠は残っていると考えられます。そうなれば、保証が出る可能性は高いですし、銀行員は自分のノルマのためにも都合の良い企業と判断されるでしょう。そうなれば、「借りてくれ」という誘いを受けることは考えられます。

     

    しかし、それに応じていては、企業は毎月の返済額と利息の支払いが負担となってしまいます。

     

    銀行からすると、返済できなくなるのは困るけど、業績がよくどんどん返済されるよりも、ある程度の借入金残高を維持してくれて、利息を支払ってくれるほうが都合はいいのです。

     

    そんな銀行の提案に乗っていると、財務内容の悪い企業になってしまいます。

     

    経営者の中には「おたくはまだ○○○万円借りられますよ」と銀行から言われると、「まだ借りても大丈夫なんだな」と油断してしまうのです。

     

    借入によって得た預金を残しておけるのなら良いものの、だいたい予定外に預金が増えると余計なことに使ってしまう経営者が多いものです。そして、毎月の返済負担が大きくなり、資金繰りが苦しくなってしまっても、また借りて返済していけばいいやと考えてしまう。

     

    低金利とはいえ借入金残高が多ければ利息負担も大きくなってしまいます。それに業況によっては追加融資が無理な場合もあります。そうなれば、リスケジュールを選択せざるを得なくなるでしょう。

     

    銀行は厳しく審査している時は、毎月の利益と減価償却費から返済能力で審査するのに、借りてほしいときは、そのようなことをあまり考えず、「○○○万円ぐらいならまだ借りられますよ」と言ってきます。

     

    本当に必要ならもちろん借りてもいいですし、直ちに必要ではなくても今後の業績悪化局面に備えて今のうちに借りておく、というのなら良いのですが、銀行員の誘いにすぐに応じるのというのは要注意です。返済能力も考えて借りるようにしましょう。

     

    ■経営改善、資金繰り安定、銀行との良好な融資取引、経理業務のサポートを行っています。詳しくは当社ホームページを参照してください。

     

    ブログランキングに参加しています。
    クリックのご協力をお願いします


    社長ブログランキング