ブログ

定期預金を担保にした融資

御社には預金担保による借入金はありませんか?

 

業歴の浅い企業ではほとんど見られないのですが、20年とか30年以上の企業になってくると、定期預金を担保とした借入金が載っている決算書に出会う確率が高くなります。

 

業歴の浅い企業ですと、定期預金や定期積金はやっても低金利で普通預金とほとんど変わらないし、そもそもそれらをするほど資金繰りに余裕がない事も多いでしょう。やるとしても、消費税納税のために定期積金をする等、目的を持っての事だと思います。

 

業歴の長い企業ですと資金繰りに余裕のある時代もあったでしょうから、その頃に定期預金をしたけどその後に資金繰りに悪化してしまい、解約をしようとしたら金融機関から「預金担保で融資をするからそのままにして欲しい」と頼まれ、ずっとそのままになってしまっている、なんていうことが(少なくなりましたけど)いまだにあるのです。

 

経営者からすると「今後の融資取引に悪影響が出ても嫌だから」と、そのままにしているという事なのでしょう。

 

私が銀行員時代にも定期預金の解約は困るという事で、よく預金担保で融資をしている先輩行員はいました。

 

ちなみに、私はそういう融資が嫌いだったので、預金担保で融資をしたことが一度もありません。だから上司からは嫌われていたかもしれません。

 

この預金担保の融資ですが、もし預金額と同額の融資しか受けていないのであれば、どうせ定期預金は使えないのですから、早めに相殺をするようにしましょう。

 

1,000万円の定期預金でそれ以上の金額の融資を受けているのならいいのですが、定期預金の額と同額しか融資を受けていないのでしたらメリットはありません。支払利息の分だけ損をしています。仮に定期預金の金利に1%上乗せで借りているとしたら、1,000万円でも10万円の支払利息が発生します。

 

担保に取られている定期預金と相殺するだけで簡単に支払利息を削減できるのですから、ぜひ検討するべきです。

 

それに相殺することによって財務体質が改善されます。総資産と負債が減少することになりますから、例えば、総資本経常利益率や自己資本比率等の財務指標が改善されるメリットもあります。

金融機関との付き合いに影響が出るのでは?と不安になる経営者もいるでしょうし、そのような意見に同調する専門家もいるかもしれません。その意見に理解はできますが、相殺によって自社の経営にメリットが多いことを説明し、取引金融機関に理解してもらうようにしてください。

 

金融機関としては、預金と貸出金のボリュームが一気に減るのですから、できれば避けたいかもしれませんが、借入金の期日に相殺させてもらうと、ぜひ伝えましょう。

 

金融機関との良好な関係は大切ですけど、自社にメリットがない取引は見直してかまいません。自社の経営を第一に考えて行動して欲しいと思います。

 

■中小企業の経営改善、資金繰り安定、銀行との良好な融資取引、経理業務のサポートを行っています。詳しくは当社ホームページを参照してください。

 

 

クリックのご協力をお願いします


社長ブログランキング

ピックアップ記事

  1. 経営改善ができない経営者さんへ
  2. 中小企業も書類作成能力が必要
  3. 経営セカンドオピニオンは全国対応にしました
  4. あきらめずにぜひご相談を
  5. 認定支援機関の活用

関連記事

  1. ブログ

    クリスマス

    もう少しでクリスマス子供の頃は、ケーキが食べら…

  2. ブログ

    源泉所得税の納付

    源泉所得税は、原則として給与から徴収した日の翌月10日までに納付するこ…

  3. 資金繰り

    今月申告の会社さん、納税は済みましたか?

    3月決算の会社さんのほとんどは、5月中に申告されるはずです。もう申告と…

  4. ブログ

    興産信用金庫

    今日伺った顧問先に、「最近新しい金融機関が営業に来ましたか?」と聞いて…

  5. ブログ

    企業も定期健診を

    中小企業経営者の中には、ひょっとすると健康診断を受けていない人がいるか…

  6. 銀行融資

    セールスは断っても問題ありません

    金融機関とお付き合いをしていると、いろいろなものをセールスされることが…

ピックアップ記事

2017年7月
« 6月   8月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

おすすめ記事

  1. 銀行融資

    期限の利益
  2. ブログ

    信用保証協会に頼らない経営を
  3. ブログ

    社員の退職で業務に支障が出ないようにしましょう
  4. 資金繰り

    親族や知人からの資金調達
  5. ブログ

    12月の資金繰り対策は早めに
PAGE TOP