• 資金繰り・経営を改善したい社長向け

    企業は複数の金融機関と付き合うことが必要です、とこのブログのどこかで書いたかもしれませんが。

     

    非常に小規模な企業でしたら一行取引もあるでしょうが、それでも2行以上と取引をしておくようにしましょう。

     

    規模の小さい時は、取引金融機関数が少なかったり、信用金庫等の規模の小さい金融機関と取引をしていても、自社の規模が大きくなってくると、取引行の数が増えたり、大きな銀行と付き合っていったりすることになります

     

    一件当たりの融資額が大きくなるにつれて、メイン行を変えていく事はよくあることです。

     

    規模の小さい金融機関からすると自行庫だけでは対応が難しいですから、そのような取引は歓迎するでしょう。

    そして、銀行の中には、企業の事業が順調になってくると「当行ともっと取引をしませんか」と誘ってくることがあります。それは企業からすると融資も出やすいでしょうから、喜ばしいことではあります。

     

    しかし、良い条件を提示して自行とだけ取引することを要求してくる銀行があります。

     

    好条件だけでなく、今後も積極的に支援すると近づいてきて、借入金全てを借り換えさせるだけでなく、預金取引も自行に移すことを要求してくるのです。

     

    何年も前の事ですが、メガバンクでもそういった事をよく聞きました。地方銀行や信用金庫からの借入金をメガバンクに移したけど、業績が少し悪化したら急に態度が変わってしまったと。

     

    長い取引をしてきた銀行との取引を解消してメガバンクに乗り換えたのに、担当者からは「以前取引していた銀行さんに相談したら」と言われた社長がいました。

     

    最近も、ある銀行が借り換えをさせて保証付き融資を獲得し、しばらくして企業が融資を申し込んだら冷たく対応されてしまい、「どうしたらいいんだろう」というご相談をいただきました。

     

    どんなに良いことを言われても、良い条件を提示されても、一行に取引を集中させることは絶対にやめましょう。

     

    一行取引にした途端、態度が急変したらどうしますか。

     

    そうして困ってしまった経営者に何人も出会ってきました。取引解消した銀行に頭を下げて取引を再開してもらった経営者もいます。

    長く支援してくれている金融機関は、自社のことを評価してくれているでしょうし、信頼関係が築かれているはずです。だから最後まで応援しようという姿勢で対応してくれると思います。

     

    これまでの長い信頼関係を壊してしまわないようにしましょう。

     

    ■中小企業が銀行との良好な融資取引ができるようサポートを行っています。詳しくは当社ホームページ「サービスのご案内」を参照してください。

     

    クリックのご協力をお願いします


    社長ブログランキング