• 資金繰り・経営を改善したい社長向け

    銀行員の中でも融資を担当している行員というのは、人を疑ってみる癖があります。

     

    仕事以外での行員はそんな人たちではないのですが、融資業務になるとそうなってしまいます。

     

    なぜなら、融資をやっていると、一度は裏切られた、だまされた経験をしているからです。

     

    私であれば、契約書を偽造して、「新しい契約が取れたので融資をしてください」と言ってきた建設会社がありました。

     

    同期の行員なんて、融資して一週間もせずに夜逃げされてしまったことがありました。

     

    だから経営者から「絶対に返済しますから貸してください」と言われても、どうしてもそのまま信用はすることはできないですから、すぐに「わかりました」とはならないのです。

     

    融資案件によっては、「もし、売上が予想よりも下回ったら・・・」、「メインの取引先からの受注がストップしたら・・・」、「もし、返済ができなくなった場合は・・・」といった後ろ向きの質問をしてくる場合もあります。

     

    私たち経営者からしたら、そんな銀行員の対応はやや不愉快に感じるでしょう。

    銀行から「借りて下さい」と言われている立場なら、そのような不愉快な対応はないでしょうが、こちらから「お願いします」という立場ですと、中には嫌な対応を受けることもあります。

     

    しかし、よく考えて欲しいのですが、先ほどのような質問をしてきたとしたら、各リスクに対して対策を考えているのか、対策を実行しているのか、経営者の経営能力を知りたいともいえるのです。

     

    問題点を抱えていない企業なんてありません。

     

    むしろ、マイナスな事も含めていろいろ質問してくるのは、自社に関心を持っていると考えて前向きな姿勢で面談するようにしましょう。

     

    間違っても「俺の言う事が信用できないのか?」と感情的になるのは避けてください。

     

    銀行員に経営者を疑うような対応があったとしたら、それは改善するべきではあると思いますが、銀行員を騙そうとする人たちがたくさんいて苦労も多いから慎重になってしまうのだろう、と少しは理解してあげましょう。

     

    融資というのは、新たな獲得も大事ですが、延滞先を発生させない事が重要といえます。

     

    だからこそ、経営者が自社の現状や将来性をしっかりと説明できるようにして欲しいですし、その説明を補完するための資料も揃えるようにして、疑い深い銀行員を安心できるようにしてあげましょう。

     

     

    ■中小企業の経理部長・経営者の右腕として、経営改善、資金繰り安定、銀行との良好な融資取引、経理業務のサポートを行っています。詳しくは当社ホームページ「サービスのご案内」を参照してください。

     

     

    クリックのご協力をお願いします


    社長ブログランキング