• 資金繰り・経営を改善したい社長向け

    取引先企業から融資を申し込まれたら、普段は難しそうな顔をしている銀行員であっても、心の中では何とか融資をして応援したいと思っているものです。

     

    皆さんが普段接する担当者の上司や本部もできる限り融資をしたいと考えています。

     

    けれども、どうしても融資できない時があります。

    経営者からすると、融資には審査がある事は知っているし、否決されることもあるのは承知しています。しかし、資金繰りに困っている時にNOと言われてしまうと、何だか裏切られたように感じてしまう経営者がいるようです。

     

    「中小企業をいじめるな」、「もうおたくとは取引しない」あるいは「今借りている融資を返済しないぞ」と怒り出す経営者もいます。

     

    先日お会いした経営者さんも融資を断られてしまって、ちょっと感情的になってしまったそうです。

     

    融資はしたくても、できないからにはやはりそれなりの理由があります。

     

    よくあるのが業績の悪化ですね。赤字決算が続いているとか債務超過ですと返済原資が無いわけですから、難しくなってしまいます。借入金残高が多いというのもありますね。

     

    それ以外ですと、資産の中に経営者への多額の貸付金や仮払金があるとか、趣味の株式投資が計上されている、こういう企業というのは融資をしてもまたそういうことに流用してしまうのではとなり、やはり融資には消極的となってしまいます。

     

    冷静に「どうして今回融資が無理なのでしょうか。可能な範囲でいいので教えて欲しい」と聞いて来れば、できるだけのアドバイスはしてくれるはずです。

     

    もう今後一切取引しない覚悟なら喧嘩してもいいですが、今後も取引をされる意志があるのなら、理由を聞いておくべきでしょう。

    理由を聞いて改善していくことが、今後融資を受けられる可能性が高くなる近道です。

     

    過去の業績面が悪かったとしても、今後は大きく改善されることが明らかであればそれを説明すればいいでしょう。もし早期に改善が難しいとしたら、新規の融資実行は難しいかもしれません。しかし、今後の改善策やその見通しを説明し、徐々に改善されていく中で新たな融資の可能性は出てくると思います。

     

    昨年にこのブログの中でも書いたのですが、喧嘩腰の対応では何も良いことはありません。

     

    自分の考えが通らないとすぐ不機嫌になる経営者はいますけど、経営者としての資質も問われかねません。頭に来ることがあっても冷静に対応し、経営のアドバイスをもらうように心がけてください。

     

    ■中小企業経営者の右腕として、銀行から融資をしてもらいやすい企業になるお手伝いをしています。当社の詳しいサービス内容については「サービスのご案内」を参照してください。

     

     

    クリックのご協力をお願いします


    社長ブログランキング