• 資金繰り・経営を改善したい社長向け

    キャッシュフロー計算書とは

     

    キャッシュフロー計算書って聞いたことがありますか。

     

    「もちろん知っているよ」という経営者さんもいるでしょうけど、「何それ?」あるいは「知ってはいるけど詳しい事はよく知らない」という方もまだまだいらっしゃることでしょう。

     

    キャッシュフロー計算書を経営者自身が作成する必要はありません(知っていたほうがもちろん好ましいですけど)。しかし、どのように見たらいいのかぐらいは知っておいた方がいいですね。

     

    こちらがキャッシュフロー計算書です。

    キャッシュフロー計算書とは、貸借対照表や損益計算書と同様に財務諸表の1つであり、会計期間におけるキャッシュの増減を営業活動、投資活動、財務活動に分けて表示しています。

     

    キャッシュフロー計算書の中を細かく見ていくと、次の営業CF、投資CF、財務CFに分離されます。

     

    ・営業キャッシュフロー(営業CF)

    本業の営業活動による資金の増減を表しています。「営業」とありますが、損益計算書でいう営業利益よりも経常利益に近いといえます。

     

    損益計算書の利益をキャッシュで見たものということになります。

     

    ・投資キャッシュフロー(投資CF)

    設備投資や貸付金等、将来の売上や利益獲得のための投資活動をどれだけ行ったかが分かります。設備投資を行っていれば投資CFはマイナスになりますし、もし設備を売却して売却代金を手にすればプラスになります。

     

    ・財務キャッシュフロー(財務CF)

    借入金や社債等による資金調達と返済によるキャッシュの増減を表しています。資金調達すればプラスですし、返済すればマイナスとなります。

     

     

    フリーキャッシュフロー(フリーCF)とは

     

    フリーキャッシュフローとは営業CFと投資CFの合計です。

     

    フリーCF=営業CF+投資CF

     

    このフリーCFがプラスであれば、フリーCFの範囲内で借入金の返済ができることになります。

     

    フリーCFが財務CFよりも多ければ、返済は問題なくできていることになりますが、逆に少なければ今の返済額ではいずれ現預金残高がマイナスになってしまうことになります。

     

     

    皆さんの会社はどのタイプですか

     

    3つのCFがプラスかマイナスかによって、その企業の経営状況がある程度分かります。

     

    ・Aのタイプ

    Aのタイプは営業活動でキャッシュを稼ぎ出していますし、投資を行ってもまだキャッシュはプラスです。そして銀行等への返済をしているため財務CFはマイナスとなっているのです。優良企業型のキャッシュバランスといえます。

     

    ・Bのタイプ

    Bは営業キャッシュフローがマイナスですから、本来の営業活動ではキャッシュを生みだせていません。これを改善するため投資活動を行っていることから投資キャッシュフローもマイナスです。それらのマイナスを補うため銀行等からの資金調達を行っていることから財務キャッシュフローはプラスとなっています。借金依存型といえます。

     

    ・Cのタイプ

    CはBと同様に営業キャッシュフローがマイナスです。そして投資キャッシュフローがプラスです。通常は今後の売上・利益を発生させるために投資キャッシュフローはマイナスです。それがプラスということは保有資産を売却してキャッシュを生み出している可能性が高いです。しかも、それでもフリーキャッシュフローはマイナスで、キャッシュの不足分を財務活動で賄っているのです。これはかなり危険な企業にあるパターンです。

     

     

    当然、このA~C以外にもいろいろなパターンがありますし、企業の置かれた環境によっても様々ですが、理想的にはAのように営業CFとフリーCFはプラスであることが求められます。

     

    皆さんの会社でもぜひ一度、キャッシュフロー計算書で自社はどのようになっているのか確認してみてください。

     

    ■キャッシュフロー計算書について関心がある経営者様は、当社ホームページ「サービスのご案内」を参照してください。

     

     

    クリックのご協力をお願いします


    社長ブログランキング