• 資金繰り・経営を改善したい社長向け

    どの金融機関と取引するか判断するのは、経営者の仕事ですし特に決まったものはありません。

     

    金融機関を規模の小さい順から申し上げると、信用組合、信用金庫、第二地方銀行、地方銀行、都市銀行という順番になります。起業したばかりや小規模企業であれば、信用組合や信用金庫から1つは取引をした方がいいかと思います。そして、それ以外に地方銀行や政府系金融機関というのが選択肢でしょう。ちなみに、金融庁のホームページにもありますが、3大メガバンクとりそな銀行の4行が都市銀行となります。

     

    都市銀行が本来相手にしているのは大企業や中堅企業です。もちろん、以前から中小企業とも預金や融資取引をしてくれていましたが、あまり丁寧な対応とはいえないかもしれません。

     

     

    顧問先社長の昔話ですが、富士銀行(今のみずほ銀行)に200万円の手形を割り引いてもらおうとしたら、「社長、ケタが1つ足りないよ。1,000万円以上の手形から対応してあげる」と言われたと怒っていました。

     

    まあ、社長の気持ちは理解できますが、やはり大手銀行からしたら200万円は対応したくないだろうなとは思います。

     

    しかし、時代も変わってきました。

     

    大手企業は直接金融により必ずしも融資といった間接金融に頼らなくてもいいし、都市銀行としては大企業向けの融資は低金利で競争も激しいので儲からなくなってきました。

     

    そこで、大企業だけでなく中小企業にも営業を行っています。メガバンクの規模でさえ信用金庫がターゲットにしているような規模にも進出しています。信用金庫は融資先企業の流出防止のために低金利で対抗するものの、メガバンクには条件で勝てなくて取られてしまうことも多いようです。

     

    当社のお客様は年商5千万円に満たないですけどみずほ銀行が営業に来て、保証協会付き融資、しかも300万円程度の融資を行っていました。

     

    それに、先月からお手伝いを始めた会社さんも、起業して初めて融資を受けたのがみずほ銀行でした。

     

    以前に比べると大手銀行との取引もしやすくなっています。

    しかし、事業規模が拡大してある程度の資金を調達する必要性がある等の理由から、メガバンクと取引をするのならいいのですが、自社がメガバンクと融資取引をしているという見栄を張るため、自尊心を満たすためという理由でしたら、あまりお勧めはしません。

     

    地方銀行や信用金庫等は、自分たちの限られた営業エリアから逃げることはできませんし、エリア内の企業を支援していかなければなりません。なぜなら、企業や地域を支えていく事ができず衰退していけば、金融機関自身も存在できなくなってしまうからです。

     

    メガバンクは世界規模で活動ができますからそのような意識が希薄です。

     

    したがって、業績が好調な時はいいのですが、不調な時は信用金庫、地方銀行と比べるとやや冷たいというか厳しい対応が多いかなと思います。対応の変化が激しく、逃げ足が速いことも多いかと。銀行、支店、担当者によっても多少対応に違いはあるでしょうが。

     

    メガバンクは地方銀行や信用金庫等よりも低金利で融資をしやすいですし、ブランド力もあります。ただ、あまり自社が小規模なうちはメガバンクに依存しすぎないようにしましょう。

     

     

    クリックをお願いします


    社長ブログランキング