• 資金繰り・経営を改善したい社長向け

    企業が銀行から融資を受けようとすると必ず決算書を要求されますね。

     

    決算書といっても、通常は法人税申告書、決算書、そして内訳書の順番で一つになっているかと思います。税理士事務所によっては、そのような順番とは違うものもあるでしょうが。

     

    決算書は税金計算のためという目的もありますが、経営状況を報告する重要なものでもあります。

     

    銀行は取引企業を審査する際、通常は決算書(主に貸借対照表と損益計算書)が中心となるわけですが、意外と内訳書にも大切なところがあります。

     

    特に売掛金の内訳書は大切です。決算書に期末時点での売掛金残高が書いてあり、どんな企業と取引をしているか、そしてそれぞれの期末時点での残高が分かるようになっています。

     

    銀行は融資先企業がどのような企業と取引をしているのか必ず見ます。

     

    期末時点ではたまたま残高がない取引先もあるでしょうが、大体の取引先は記載されているでしょうから、どんな企業と取引をしているのか、売掛金の回収に懸念のある企業と取引していないか、とても関心を持つページなのです。

     

    ここに優良企業の名前が記載されていると、信用力アップにつながります。

     

    この辺をあまり気にしていない経営者が多いように感じるのですがとても大切です。よく少額だからとその他でまとめて計上していることがあります。

     

    売掛金の内訳書の下の方に(注)2とあってそこには「相手先別期末現在高が50万円以上のものについては各別に記入し、その他は一括して記入してください」と書いてありますが、でもその中に優良企業がたとえ10万円でもあるのならその他でまとめず、アピールするように記載しておきましょう。

     

    業歴を重ね取引先が増えてくれば、有名そして無名な取引先もあるかとは思いますが、自社の信用力も付いてきますから、銀行融資にはあまり影響はないでしょう。

     

    しかし、まだ起業したばかりとか業歴が浅いと、取引先はまだそんなに多くないでしょうし、有名企業との取引はないかもしれません。

     

    そうなると、まだ自社は取引先を選んでいる立場ではないと、どことでも取引をしようとする企業がありますが、確実に回収できる先でなければいけません。

     

    起業はしたけど、取引先からの回収が遅れて倒産する、あるいはあまり良い取引先ではないと創業融資が否決されるケースもあります。

     

    したがって、銀行にアピールする以前に、こちらも相手を選ぶくらいである必要があります。

     

     

    ブログランキングに参加しています
    クリックをよろしくお願いいたします


    社長ブログランキング