• 資金繰り・経営を改善したい社長向け

    ゆうちょ銀行は3月31日に、2019年から口座貸越サービスを開始するため、金融庁及び総務省に対して認可申請を行いました。

     

    そして、2012年9月に法人・個人向け融資の解禁を求める申請を行っていたのですが、それについては認可申請を取り下げることとなりました。

     

     

    ゆうちょ銀行は以前から融資業務への参入を希望していました。スルガ銀行の代理店として住宅ローン等の取次業務、あるいは法人向け融資でも他行との協調融資には参加できるものの主幹事にはなれない状態であるため、ゆうちょ銀行が直接融資を実行できる体制にしたかったのですが、民間金融機関からの反対が根強く今回は見送る事となりました。

     

    3月31日に、全国信用金庫協会、全国信用組合中央協会、農林中央金庫は「ゆうちょ銀行の融資業務への参入は基本的に認められるべきではない」とする反対意見を公表していますし、全国銀行協会からは「公平な競争条件が確保されていない」との意見が出されていました。ただ、全国地方銀行協会は個別の声明発表を見送っています。

     

    基本的には民間金融機関からすると、ゆうちょ銀行が融資業務の本格的参入は反対だと思います。

     

    特に信用金庫や信用組合といった小規模の金融機関からすると、ゆうちょ銀行が融資を行なえば今以上の融資獲得・金利引下げ競争が起こってしまうと予想され、かなりの脅威となるでしょう。

     

    しかし、そんなゆうちょ銀行と手を組んだ方が、メリットはあるという考え方もあります。

     

    スルガ銀行はいち早く提携をして、住宅ローン、目的別ローン、カードローンを仲介してもらうよう業務提携をして、融資のノウハウを持っていない郵政グループの体制整備や人材育成をサポートしてきました。

     

     

    今回の口座貸越の保証業務は、すでに提携関係にあるスルガ銀行系の保証会社SDPを活用することになりますから、スルガ銀行との関係が強固なものとなります。

     

    この口座貸越ですが、貯金口座に少額の融資枠を無担保で付与し、残高を超える引き落としや現金引き出し等の場合に不足分の自動貸越を行うというものです。今年の夏までには認可を得る見通しです。金利は10%台前半になる見通しで、上限は50万円となる予定です。

     

     

    クリックのご協力をお願いします


    社長ブログランキング