• 資金繰り・経営を改善したい社長向け

    4月に入って最初の平日です。

     

    新しい年度に入って、これから仕事や勉強等に頑張っていこうという方が多いと思いますが、新しい職場や学校の環境に不安な方もいるでしょう。

     

    そのような事が原因だったのか分かりませんが、今日、市川駅(当社最寄駅である本八幡駅の隣です)で人身事故がありました。最近よく人身事故がある新小岩駅から2つ隣の駅です。

     

    どうやら自殺のようです。

     

    当社にご相談される経営者さんは、資金繰りに余裕がある方よりも、どちらかというとかなり余裕のない方のほうが多いわけでして、時々「もう自殺するしかないでしょうか」とおっしゃる方がいます。

     

    そういう経営者さんは真面目あるいはプライドの高い方が多いですね。「他人に迷惑をかけて申し訳ないので責任を取る」、あるいは「社長の肩書がなくなって、会社員になってこき使われるぐらいなら死んだ方がいい」と考えてしまうようです。

     

    私もかなり追いつめられた時に、妻と子供を食べさせるだけの収入が得られないのは、夫あるいは父親として失格だと人生諦めかけたときもあります。

     

    しかし、私の場合、そういう時になぜかお客さんが増えるのです。

     

    振り返ってみると、そういう時って追いつめられているためでしょうか、ブログやホームページを頻繁に更新する、経営者との出会いを求めて積極的に勉強家・交流会に参加する等、いつも以上に行動しているように思います。

     

    「自殺するしかないのだろうか?」と考えている経営者さんと時間をかけてお話をしてみると、私からすると「御社は経営改善のためにまだまだやることがたくさんあるでしょう」と感じます。

    経営改善のためにやるべきことはすべてやった、それで駄目ならあきらめる(自殺という意味ではなく、廃業するという意味です)ということでいいのですが、まずは「本当にすべてやるべきことをやったのか。やり尽くしたのか」と考えてみてほしいのです。そして、ぜひ一人で抱え込まずに他人にも相談してください。

     

    もし、このブログを読んで下さっているのが、経営者のご家族の方、あるいは部下の方でしたら、「仕事の事で悩んでいていつも暗い、落ち込んでばかりいる、しかも誰にも相談できないみたいだ」という状態でしたら、お近くの経営の専門家に相談するよう勧めてみてください。1人で問題を抱え込んでしまうのが一番よくありませんので。

     

     

    ブログランキングに参加しています
    ご協力をお願いします


    社長ブログランキング