• 資金繰り・経営を改善したい社長向け

    数日前から旅行会社「てるみくらぶ」の経営破綻や、旅行者が被害を被っていることが頻繁に報道されています。

     

    報道によると、この経営破綻したてるみくらぶは、少なくとも3年前から粉飾決算を繰り返しており、しかも決算書は目的別に複数、作成されていたという事でした。

     

    2014年9月期には大幅な赤字で、航空券の仕入や営業にかかった費用を少なく計上することによって、決算書上は黒字にしていました。そして、2016年9月期には、決算書では1億1000万円の営業黒字ではあるけど、実際には15億円以上の赤字に陥っていたと見られるということです。

     

    さらに、融資を受ける銀行、旅行業の更新登録をする観光庁等、提出先によって内容が異なる複数の決算書を作成していたということでした。

     

    粉飾決算をしてもその多くは、赤字決算を黒字決算にして税務申告をしたら、それをそのまま全取引銀行に提出しますが、さらに銀行ごとに決算書を作っていますし、15億円以上の営業赤字を約1億円の黒字にまでしているとなると、かなり手の込んだ悪質な粉飾決算を行っていたようですね。

     

    それにしても、取引銀行がいくつあるか知りませんが、それぞれに作っていたとなると、決算書を作っていた人は結構大変だっただろうなと思います。ただ、かなり粉飾決算に慣れた人が関わっているように感じます。

     

    取引銀行が粉飾を疑っていたかは私には分かりませんが、銀行員も粉飾決算について多少は研修を受けますし、複数年の決算書を並べてみて、利益率などに変化が無いか、同業種の平均と比較してみて明らかにおかしいところがないか、等を参考にしてみますから、ひょっとしたらおかしいなと疑っていたかもしれません。

     

    それに最近では取引先から決算書を提出してもらうと、決算書分析システムに数字を入れていきますので、粉飾が疑われるものについてはチェックがつくようになっています。

     

    しかし、かなり手の込んだ決算書を作られてしまうと、見つけられない事も多いです。それに、絶対に粉飾だと分かるのはかなり少ないでしょうし、「粉飾かな?」と疑っても、社長に「粉飾しているでしょう?」と質問するのは、よほどの自信が無い限りはできません。もし違っていたら大変なことになりますから。

     

    ところでこの事件の影響だと思うのですが、昨日から当社のホームページのアクセス数が異常に増加しています。

     

    訪問して下さった方が見ているページが、「粉飾決算に手を出してしまった、このままでいいのだろうか?」なのですが、「粉飾決算」で上位に出てくることが影響しているようです。

     

    これを読んでくださっている経営者さん、経理担当者さんは、こんなことはしないようにしましょう。

     

     

    ブログランキングに参加しています
    ご協力をお願いします


    社長ブログランキング