• 資金繰り・経営を改善したい社長向け

    私たち中小企業経営者からすると、取引銀行から常に借入ができればいいのですが、業績等を理由に借りられないときもあります。

     

    その場合、経営者(あるいは家族・知人)が自己資金を投入する場合もあるでしょうし、リスケジュールによって資金繰りを調整することもあるでしょう。

     

    しかし、どれも難しいこともあるでしょうし、どうしてもまとまった資金を調達しなければならないときもありますよね。

     

    ノンバンク等からやや高い金利で資金調達をしなければならないのは仕方がないと思います。

     

    しかし、その場合に注意しなければならないのは、借入金と支払利息のバランスなのです。

     

    仮に期首から期末まで平均して1億円の借入金残高があったとします。平均借入金利が1%だとしたら支払利息は100万円となります。

     

    ところが、損益計算書に計上された支払利息が500万円とか1,000万円となっていたら、明らかに銀行以外のところから資金調達したのだろうかと疑われます。

     

    そこまでいかないとしても、ほぼ100万円で推移していたのが、上昇していたとしたら他行で金利引上げを求められていると考えられます。

     

    そういう借入金が取引銀行にばれないよう、決算書の科目明細書には経営者やその家族、あるいは他の役員からの借入金のように記載している企業もあるかと思います。しかし、借入金と支払利息のバランスがあまりにも悪いとノンバンク等からの高金利での資金調達と疑われますし、それだけ資金繰りで苦しんでいるということから、今後の金融支援にも消極的になってしまうことが懸念されます。

    経営者なら誰しも一度は資金繰りに苦しむことはありますので、ノンバンク等からの資金調達に頼ることもあるでしょうし、私はそれを否定するつもりはありません。

     

    ただ、極力それらに依存しないよう経営者は資金繰りの管理をしっかりとやる事や、高金利での借入はできるだけ短期間で返済するようにしましょう。

     

     

    ブログランキングに参加しています
    クリックをお願いします


    社長ブログランキング