• 資金繰り・経営を改善したい社長向け

    昨年末にブルームバーグ様から、中小企業金融円滑化法が終了して、現在の中小企業のリスケジュール、経営改善、資金繰り等について取材を受けたのですが、それが昨日から記事になっております。

     

    タイトルは「ゾンビ企業がデフレ脱却の足かせに、ロードマップなきアベノミクス」です。

    記事の内容はこちらを参照して下さい。

     

    日本語
    ゾンビ企業がデフレ脱却の足かせに、ロードマップなきアベノミクス
    https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2017-03-12/OLTIAI6K50XX01

     

    英語
    Zombie Hordes: Thousands of Japanese Firms Dodging Bankruptcy
    https://www.bloomberg.com/politics/articles/2017-03-12/zombie-hordes-thousands-of-japanese-firms-dodging-bankruptcy

     

     

    中小企業金融円滑化法(以下、金融円滑化法)が施行された時、金融庁からの指導もあり、銀行は原則リスケジュール(以下、リスケ)に応じました。それまでは通常ですと、リスケをしてもらうとなるとかなりしっかりとした計画書を作成して、すべての取引銀行に同意してもらうのもなかなか大変な作業でした。

     

    しかし、金融円滑化法がスタートした時、申し込みをすればほぼすべてに応じ、かつメイン行が同意をすれば、それ以外の取引銀行も基本的に同調して支援に応じるという動きでした。

     

    それによって多くの中小企業が救われたのは間違いありません。しかし、同時に副作用が出てしまったのも事実です。

     

    金融円滑化法によってリスケ支援を受けられたから、資金繰りが楽な今のうちに自社の経営改善をしていこうという経営者はいいのですが、銀行がリスケに応じてくれているのにそれが普通の事となってしまい、今まで通りの経営を続けている経営者が増えているように感じます。ひどい場合は、銀行がリスケに応じるのは当たり前と思っている経営者もいます。

     

    記事の中にもありますが、国内企業の倒産数が7年連続で減少しているとあります。リスケで何とか資金繰りが続いているだけで、経営改善が遅れている、あるいはもう再生の可能性がとても低い、そんな実質的には経営破綻している中小企業は多いと思われます。

     

    そのような実質破綻している企業をよく「ゾンビ企業」という表現を使ったりします。頑張っている企業と、リスケに甘えてしまい何も行動を起こさない企業をまとめてゾンビと表現することは、いろいろ反対意見もあるでしょう。ただ、もうどうやっても利益が出ない、すでに経営者が諦めてしまっている、そんなゾンビ企業と言われても仕方がない中小企業は存在します。そのような企業に対して、いつまでも取引銀行もリスケで支援をしないでしょう。

     

    ただ、全体的にはいまだにリスケの実行率は高い水準のままではあります。

    ※金融庁「貸付条件変更等の状況の推移」より

     

    金融庁は金融円滑化法が終了しても、「引き続き融資先への貸付条件変更や円滑な資金供給に努めること」を銀行に対して求めたことから、実質的な延長ともいえます。

     

    銀行側も

    ・返済は正常な状態ではなくても、利息を支払ってくれている

    ・保証協会の保証等で保全面が問題ない

    こんな状態でしたら、あまりうるさく言わないかもしれません。言ってきたとしても結局はリスケには応じてくれるかもしれません。

     

    しかし、このままずっと

    ・利益が出ない

    ・返済が進まない

    ・利益が出たとしても返済に持っていかれてしまい、資金繰りに余裕はできない

     

    もしも皆さんの会社がこんな状態だとしたら、このままでいいのでしょうか、もう社長が高齢で、後継者もいない、もうそろそろ廃業するというのならそれでもいいでしょう。しかし、これからも会社を継続していきたいのなら、リスケをしてもらっている状態は正常ではないと認識する必要があります。

     

     

    ブログランキングに参加しています
    ご協力をお願いします


    社長ブログランキング