• 資金繰り・経営を改善したい社長向け

    会計データを経営にも活かしましょう

     

    会計ソフトというと、弥生会計、勘定奉行、会計王、TKCあたりが有名ですし、どれも非常に優秀なソフトだと思います。

     

    機能に多少差はあるでしょうが、決算書作成は当然として、それ以外にも財務分析、資金繰り表やキャッシュフロー計算書等の作成機能もあり、使いこなせば非常に便利といえます。

     

    しかし、それ以前の問題として、会計ソフトの操作方法がよく理解できていないため、入力作業が非常に苦痛となっている会社さんに時々出会います。

     

    最近お付き合いが始まった会社さんもその1社でした。数年前に税理士から弥生会計を利用するよう勧められたのですが、会計ソフトの操作方法をろくに教えてくれませんでした。

     

    そのため、売掛金、買掛金を取引先ごとに管理できることを知らず、管理面で非常に苦労をしていました。

     

     

    また、その会社さんは業種柄、取引先が負担する経費を一時的に立て替えることが多いのですが、立替金も取引先ごとに管理していなかったため(できることを知らなかったため)、入金されているか確認するのに時間がかかっていました。期末が近くなると未入金がなかったか確認するのですが、取引件数が多いため確認作業だけで3日程度かかっていたとのことでした。税理士からは「とにかく入力して。立替金なんて大体合っていればいいから」と言われたとのことです。

     

    大手の会計ソフトでしたら、便利な機能や入力方法がありますので、ぜひ自社の経営にも活用していただきたいと思います。入力作業だけしてそのデータを税理士に渡しているだけでは、税理士の法人税等の申告書作成業務を手伝っているだけにすぎませんからもったいないです。ぜひ自社の経営に役立てるように活用しましょう。

     

    会計ソフトの操作方法でしたらある程度はお教えできますから、もし使い方がよくわからないという方がいらっしゃったらご連絡ください。

     

    当社はFreeeの認定アドバイザーです

     

    会計ソフトというとパソコンにインストールするタイプが主流ですが、最近はクラウド会計ソフトも増えてきました。

     

    そのクラウド会計ソフトで有名なのがfreeeです。
    無料から使える会計ソフト「freee(フリー)」

    それ以外にもMFクラウド、弥生会計等があります。

     

    中小企業や個人事業主の多くは、経理に詳しい方がいないことも多く、よく分かっていないけど会計事務所の担当者から言われたとおりに会計ソフトに入力作業をしているという方も少なくないでしょう。

     

    私はお客様の依頼でfreeeのサービスが提供され始めたころから利用しているのですが、今までの会計ソフトに慣れてしまったためか、最初は正直に言うと使いにくく感じましたし、使い方そのものがよくわかりませんでした。

     

    今までの会計ソフトですと掛けで売上が発生した場合

    (借方)売掛金/(貸方)売上高

     

    という仕訳を入力するわけですが、freeeの場合、簿記の知識がなくても使えるようにという発想で開発されていますから、そういう知識が無くても大丈夫です。売上や経費が発生した日付、金額、相手先等を登録すると、仕訳は自動的にやってくれるので、むしろ知識の無い方の方がすぐに慣れるように感じます。

    どの会計ソフトにも良いところと改善すべきところがあるでしょうし、どれが一番良いかは人それぞれですが、あまり知識が無くて、それほど自社の規模も大きくなく、経理担当者がいないという経営者さんはfreeeを選択肢の1つに入れてもいいかなと私は思います。



    もしfreeeの導入に興味がありましたら当社までご連絡ください。

     

     

    クリックのご協力よろしくお願いします


    社長ブログ ブログランキングへ