• 資金繰り・経営を改善したい社長向け

    銀行以外の資金調達先の1つとしてノンバンクがあります。

     

    ノンバンクは、銀行(信用金庫等も含みます)や政府系金融機関と比較すると、審査の基準は低く審査期間も短いといえます。しかし、それだけ回収できない貸出金が発生しやすくなりますから、ノンバンクからの資金調達は金利が高めです。

     

    それに、ノンバンクから資金調達をしているというと、銀行からの評価は厳しくなりがちです。そのため、ノンバンクの利用は、銀行に知られない方がいいですし、極力避けたほうが良いのは間違いありません。

     

     

    銀行からの資金調達は時間がかかるし、書類面でもいろいろ提出させられるのが面倒だからと、ノンバンクやファクタリングを利用する社長がいます。こういう会社に年に数回出会うのですがそれは間違いです。

     

    まずは銀行や政府系金融機関からの資金調達を優先し、それができなかったときはリスケジュール(以下、リスケ)をしましょう。今はリスケ中でも資金調達の可能性はありますが、やはり正常な状態よりも難しいことが多く、そのような場合に必要であればノンバンクのからの資金調達を検討して下さい。

     

    できれば避けたいノンバンクからの資金調達ですが、そうはいっても中小企業が経営をしていくためには、多少高い金利であっても資金繰りの手当てをしなければならない場合もあります。

     

    ただし、絶対に避けなければならないのは、金融機関への返済資金をノンバンクから調達することです。

     

    低金利の借入金を高金利のノンバンクで借りて返済するのは絶対にやめましょう。かえって資金繰りが苦しくなるだけです。また、赤字補填を目的とした借り入れも同様です。

     

    私がノンバンクでも利用を検討した方がいいと考えるのは、例えば次のようなケースです。

     

    銀行からの資金調達は無理、そしてリスケもしてもらっている状況を、何とか改善しようと営業努力を重ねた結果、新たな仕事を受注することに成功したとしましょう。しかし、先に仕入れや外注への支払が発生し、売上金の回収が後になるような場合、そのような支払いと入金の差が数か月程度あるといったときには、ノンバンクからの資金調達であっても検討してみましょう。

    このような前向きな資金使途で、返済原資となる売上金が数か月後には入金される場合ならいいと思います。しかし、銀行への返済資金や赤字による資金不足分を補填するためですと、ノンバンクから資金調達しても返済が難しく、そして高金利の利息を支払い続けることになり経営を悪化させることになるので、長期での借入になることは避けましょう。

     

    ♦事業資金のご案内
    急な運転資金には SGファイナンス【ビジネスローン】

    個人事業主向け ビジネスローン

     

    ■中小企業の経理部長として、資金繰り安定、銀行との良好な融資取引のサポートを行っています。詳しくは「サービスのご案内」を参照してください。

    有限会社エム・エヌ・コンサル
    代表:瀬野 正博
    〒272-0026 千葉県市川市東大和田2-8-1-601
    TEL:047-379-9508
    e-mail:seno★mn-con.com
    お手数ですが「★」を「@」に変えてください。
    またはお問い合わせフォームをご利用ください。

     

    ご協力よろしくお願いします。


    社長ブログ ブログランキングへ