• 資金繰り・経営を改善したい社長向け

    銀行融資の相談で伺うと、「銀行に騙されたことがある」という話を聞くことがあります。

     

    内容を聞いてみると、融資の件で銀行の担当者に相談したのだけれど、「他行で借りている保証協会付き融資を当行で借り換えさせてくれたら、プロパーでの追加融資を検討します」、あるいは「リスケジュールをせずに、この調子であと半年ぐらい返済を継続してくれたら、新たにご融資を検討いたしますよ」といった感じです。

     

    普通は「検討します」という場合、残念な結果になることもあるかなと思うのですが、社長からすると銀行員が出した要求にこちらが応じたならば、「検討します」とはいっても、こちらの希望を聞いて融資してくれそうな期待を持ってしまうかもしれません。

    ただ、このような発言はあまり期待しないほうがいいですよ。

     

    最初の例は、2年前に資金繰り相談を受けた時に社長から聞いた話です。資金繰りに困って新たな資金調達を模索していたのですが、取引銀行すべてから追加融資を断られていました。そのため、新規取引を開始した信用金庫に相談したところ、「プロパー融資を検討するから、まずは他行にある保証協会付き融資を先にうちでやらせてくれ」と言われたそうです。そして、プロパー融資も出るとの期待から、社長は信用して言われた通りにしたけど、1週間ぐらいしてプロパー融資は承認が下りなかった、と言われてしまったということでした。

     

    信用金庫の職員からすれば、「検討します」と言っただけで、約束はしていないということになるのでしょう。

     

    結局、借り換えはしたけど新たな資金調達はできない、それに加え今まで支援をしてくれていた銀行には悪い印象を持たれてしまいました。

    もう1つのほうは、半年程度返済を継続したら、新たな融資を検討するというケースですが、その発言をした時点では融資が可能であったかもしれませんが、半年後に再度審査をすることになるのです。そして、その時には業績はどうなっているかわかりません。半年後に業績が悪化していることもあるでしょう。そうなれば融資の話もなくなってしまうと考えたほうがいいのです。

     

    銀行員は、支店長や本部の承認もなく担当者レベルで融資を約束してはいけませんが、自分自身のノルマのため、あるいは資金繰りで苦しむ融資先を安心させたいという気持ちから、少し期待を持たせる発言をしてしまうかもしれません。資金繰りに大きな影響を与えることですから注意しましょう。

     

     

    ランキングへのご協力お願いします


    社長ブログ ブログランキングへ