銀行融資

検討します

銀行融資の相談で伺うと、「銀行に騙されたことがある」という話を聞くことがあります。

内容を聞いてみると、融資の件で銀行の担当者に相談したのだけれど、「他行で借りている保証協会付き融資を当行で借り換えさせてくれたら、プロパーでの追加融資を検討します」、あるいは「リスケジュールをせずに、この調子であと半年ぐらい返済を継続してくれたら、新たにご融資を検討いたしますよ」といった感じです。

普通は「検討します」という場合、残念な結果になることもあるかなと思うのですが、社長からすると銀行員が出した要求にこちらが応じたならば、「検討します」とはいっても、こちらの希望を聞いて融資してくれそうな期待を持ってしまうかもしれません。

ただ、このような発言はあまり期待しないほうがいいですよ。

最初の例は、2年前に資金繰り相談を受けた時に社長から聞いた話です。資金繰りに困って新たな資金調達を模索していたのですが、取引銀行すべてから追加融資を断られていました。そのため、新規取引を開始した信用金庫に相談したところ、「プロパー融資を検討するから、まずは他行にある保証協会付き融資を先にうちでやらせてくれ」と言われたそうです。そして、プロパー融資も出るとの期待から、社長は信用して言われた通りにしたけど、1週間ぐらいしてプロパー融資は承認が下りなかった、と言われてしまったということでした。

信用金庫の職員からすれば、「検討します」と言っただけで、約束はしていないということになるのでしょう。

結局、借り換えはしたけど新たな資金調達はできない、それに加え今まで支援をしてくれていた銀行には悪い印象を持たれてしまいました。

もう1つのほうは、半年程度返済を継続したら、新たな融資を検討するというケースですが、その発言をした時点では融資が可能であったかもしれませんが、半年後に再度審査をすることになるのです。そして、その時には業績はどうなっているかわかりません。半年後に業績が悪化していることもあるでしょう。そうなれば融資の話もなくなってしまうと考えたほうがいいのです。

銀行員は、支店長や本部の承認もなく担当者レベルで融資を約束してはいけませんが、自分自身のノルマのため、あるいは資金繰りで苦しむ融資先を安心させたいという気持ちから、少し期待を持たせる発言をしてしまうかもしれません。資金繰りに大きな影響を与えることですから注意しましょう。

ランキングへのご協力お願いします


社長ブログ ブログランキングへ

ピックアップ記事

  1. 今の経営で大丈夫ですか?
  2. 認定支援機関の活用
  3. 経営改善ができない経営者さんへ
  4. 経営改善の秘訣は経営改善計画の策定とモニタリング
  5. 経営セカンドオピニオンは全国対応にしました

関連記事

  1. ブログ

    資料提出依頼には快く応じましょう

    融資の依頼をすると、銀行から「あの資料をください」とお願いされることが…

  2. ブログ

    東京信用保証協会の創立80周年記念特別保証制度「サンクス80」

    「サンクス80とは」東京信用保証協会は9月2日に創立80周年を迎え…

  3. ブログ

    第一勧業信用組合

    昨日ですが第一勧業信用組合の職員さんと会ってきました。これから市川市・…

  4. ブログ

    営業外収益の補助金計上は自社の強みのサイン

    決算書の中にある損益計算書は、一会計期間の間にいくら儲かったのか、企業…

  5. ブログ

    計画未達の場合の銀行への報告

    当社のお客様の何社かは、取引銀行に経営改善計画書を提出して、その後の進…

  6. 中小企業支援制度

    条件変更改善型借換保証

    条件変更改善型借換保証とは条件変更改善型借換保証は、信用保証協会付…

ピックアップ記事

2017年1月
« 12月   2月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

おすすめ記事

  1. エム・エヌ・コンサルからのご案内

    お客様と一緒に経営改善の報告で銀行に行ってきました
  2. ブログ

    信用保証制度見直しの方向性を公表
  3. ブログ

    経費削減だけでなく売上拡大策も
  4. ブログ

    中小企業再生支援セミナー
  5. ブログ

    金融検査マニュアル廃止
PAGE TOP