• 資金繰り・経営を改善したい社長向け

    資金繰りが苦しく、かつ金融機関からの資金調達もできなくなっている会社の決算書を見てみると、親族や知人からの借入金が計上されていることがあります。

     

    当社に相談して下さった会社さんの決算書を拝見すると、そのような借入金が計上されていることをよく見かけます。

     

    会社を経営している子供から頼まれれば親は貸してしまうでしょうし、親しい友達から頼まれれば出来る限り協力したいと思う方が多いでしょう。

     

    しかし、そのような借り入れはするべきではないと私は考えます。

     

    金融機関、政府系金融機関、ノンバンク等からの資金調達が一切できなくなった経営状態で、親族や知人から資金調達をして本当に返済できますか?

     

    もし、借入れるにしても赤字補填ではなく、例えば新しい取引先が見つかりその取引のために、仕入や外注先への先行支払いが発生するとか、前向きなことに使うなら借りてもいいと思いますが。

     

    金融機関、政府系金融機関等は企業をしっかり審査し、返済に懸念がないと判断して融資をしています。(一応)金融のプロといえますので、もし融資先企業が倒産して返済できなくなったとしても業務上あり得ることですし、審査に落ち度があったといえるでしょう。

     

    しかし、親族や知人は金融のプロではありません。会社の現状をよく見ずに、支援してあげたいという気持ちだけで貸しているのです。

     

    そして、もし返済できなければ相手の人生を大きく狂わせる可能性もありますし、その後の親戚や知人との付き合いもしづらくなるでしょう。

     

    貸した側が大きなダメージを受けるので、前向きな資金使途でもない限り借りてはいけないと思うのです。

     

    まずは金融機関から本当に借りられないのか、借りられないのならリスケで資金繰りが回らないのか検討してみて下さい。

     

    そして、それだけでは足りず、どうしても知人や親族からの資金調達が必要なのでしたら、「必ず○○日までには返済するから」と口約束するだけでなく、せめて、現状や今後どうなるのかといったところを丁寧に説明する必要はあるでしょうし、例え親しい間柄でも借用証ぐらいは作成してから借りるべきです。

     

    先ほども申し上げましたが、金融機関等との約束を破っていいわけではありませんが、相手は金融プロでビジネスです。しかし、親族や知人は素人で、そして事業のことがよく分からないけど、家族や友達の会社を助けたいという気持ちだけで貸してくれるわけです。返済できるあてがない限り借りてはいけないのです。

     

     

    ご協力よろしくお願いします


    社長ブログ ブログランキングへ