• 資金繰り・経営を改善したい社長向け

    初めてあるいは業績が悪い中での融資交渉ですと、社長の中にはとても緊張する方がいます。

     

    確かにそうですよね。

     

    金融機関が「借りて下さい」と言っているのならほぼ融資は大丈夫でしょうし、厳しいことも言われないでしょう。

     

    逆に厳しい業況での融資申し込みは「融資してくれないのでは」とか「きついことを言われるのでは」と不安になり、とても緊張するものでしょう。

     

    そんなとき、外部の専門家が自分の代わりに金融機関に説明してくれたらと思いますよね。

     

    おそらく私も借りる側なら同じこと考えると思います。

     

    ただ、残念ながら全ての交渉を外部の専門家に丸投げすることはできません。

     

    そもそも資金繰りという大切なところの交渉を、他人に任せようとする社長を金融機関は信用しません。

     

    また、弊社に金融機関との交渉で同席を求める社長が多いのですが、信用保証協会や日本政策金融公庫といった公的機関は断ってくるはずです。

     

    民間金融機関では同席を認めることが増えたように思いますが、まだ拒否してくる場合もあります。

     

    もし、専門家の同席が認められても、メインで交渉するのは社長です。弊社のような外部の専門家はそれを補佐するのが役割です。

    282249

    今日、起業して初めての融資を申し込む社長と一緒に日本政策金融公庫に行ってきました。

     

    事業計画書の作成に関与したので、公庫の方と名刺交換でもできればと思ったからです。面談の最後のほうで同席させてもらい、計画の説明を少しお手伝いしてきました。

     

    社長は初めてでとても緊張したようですし、問題点も指摘されていたのですが、何とか無事終わりました。

     

    誰でも最初はこの社長のように、「どんな質問をされるのか?」と不安ですがみんな同じです。

     

    何度も融資を受けるうちに金融機関との交渉もそのうち慣れます。

     

    それに金融機関の担当者は、下手でも、ぎこちなくても、社長である皆さんからの説明を求めているのです。