• 資金繰り・経営を改善したい社長向け

    金融機関は企業から融資申し込みがあると、必ず「何にお使いですか?」と資金使途を確認をします。

     

    設備資金であれば、どのような機械を購入し、生産性の向上によって売上や利益がどれだけ増加するのかを審査します。そして、融資した後、機械購入の支払いが行われているか、購入した機械が設置されているかを確認します。

     

    運転資金でしたら例えば、製造業なら材料を購入し製造・販売して入金されるまでの間に材料費やその他の経費支払いが先行するため資金が必要で、その金額は妥当か契約書や発注書等から審査をします。

     

    しかし、金融機関に説明した本来の資金使途と違うケースを見かけることがあります。運転資金で借りたはずなのに車両や機械を購入していた、材料や商品仕入れ資金なのに社長個人に流れていた、胡散臭いところに投資していた等です。あと、家族で海外旅行に行っちゃった社長もいました。

     

    融資申し込みの時に説明した使われ方をしなかった場合、資金使途違反となります。その場合、金融機関は企業に対して一括での返済を求めることもあります(求めることができるということで、実際にはほとんどないですが)。

     

    そこまではいかないにしても、今後の融資は控える、あるいはしばらく様子を見ると言われるでしょう。材料仕入資金で借りたはずなのに、自宅購入の頭金にしていたとか、銀行には言えない借入金の返済をした、そのようなことがばれてしまい、取引銀行から資金調達ができなくなった中小企業を私も何度か見てきました。

     

    業績面が問題で融資を受けられない場合は、今後の努力次第で資金調達も可能でしょうが、資金使途違反なんかで信用を失ったら、長期に渡って銀行からの資金調達に影響を与える可能性がありますから、絶対に避けましょう。特に信用保証協会付き融資に依存している中小企業が、信用保証協会の信用を失ったら資金繰りに大きな影響を与えてしまいます。

    292ff6646c985f15fa576ac27c6bd7d0_s

    金融機関の中では「融資」や「貸出」ではなく「与信(よしん)」という言葉をよく使います。相手企業に対して、どれだけの金銭的な信用を供与するのかという事であり、融資をするという事は皆さんの会社や社長を信用したという事になります。その信用を裏切るわけですから、一気に信頼関係は崩れてしまいます。

     

    資金使途違反は銀行を騙すのと一緒です。申し込み時の資金使途を守るようにしてください。