• 資金繰り・経営を改善したい社長向け

    私の仕事は経理財務面で中小企業をサポートすることなので、業種でいうと経営コンサルタントになるのかなと思います。どの業種にも悪い人はいるものですが、コンサルタント業界の中にも残念ながらそういう人は存在します。

     

    先日、中小企業に融資をする会社に勤めている知り合いと食事をしました。その時にある経営コンサルタントの事を話してくれました。

     

    東京の経営コンサルタントで、資金繰りを専門としたコンサルタントとして活動しているようですが、実際にやっていることは粉飾決算で銀行から資金調達ができたときは融資額の20%という高額な手数料を要求、そして、顧問契約をした場合の月額顧問料は、ほとんど仕事をしないくせにかなり高額ということでした。名前を聞いたら悪い意味で非常に有名なコンサルタントでした。

     

    実は私も10年位前に一時期、その人とは付き合っていたのですが、あまりにも中小企業を騙してお金儲けをする人だったのですぐに付き合いをやめたのですが、そのコンサルタントがどんなことをしているか(してきたか)をほんの少しご紹介したいと思います。

     

    約10年前の話ですが、資金調達の相談で一緒に横浜市の企業に行きました。その企業は多額の税金滞納、新規事業の失敗が影響して赤字かつ債務超過が続き、融資は不可能な企業でした。しかし、資金調達の相談を受けると、そのコンサルタントは「融資が出る可能性は高いです」と嘘をついたのです。後で私が「融資は出ませんよ。何でそんなことを言ったのですか」と尋ねると、「融資は出ないね。でもそう言ってあげることで、あの社長は融資が出るかもしれないという夢をしばらくは見ることができるよ。僕に支払った手付金の5万円で夢が見られるなら安いでしょ」と答えたのです。

     

    手付金はもらうけど仕事は何もせず、しばらくしたら、「頑張ったけど無理でした」と説明して諦めてもらうのでした。

     

    そのことを当時付き合いのあった何人かの経営者に話したところ、あの人はそんなことはいつもやっているし、本来の数字とはかけ離れた決算書を作って融資を受けようとしていること、人からお金を借りて一切返さないこと等を教えてくれました。私はあきれてそのコンサルタントと付き合うのをやめました。

     

    それ以外にも、カモにできそうな経営者を見つけると、気に入ってもらえるまで毎日のように通って、コンサルタントとしての仕事をします。しばらくして信用してもらえるようになると、資金繰りの悩みから解放されると説明して通帳や印鑑まで預かります。そして、粉飾決算により必要以上に融資を受けさせ、その一部を自分の口座に振り込んでしまう、そんな被害を受けた企業もいくつかありました。

    378823

     

    このコンサルタントは人の懐に飛び込むのが上手なので、これ以外にも被害を受けた社長はたくさんいます。

     

    ネットでもその男の名前と詐欺師で検索すると、被害を受けた人の書き込みがいくつもあります。

     

    さすがにそのコンサルタントの名前を出すわけにはいきませんが、東京の都心部で頻繁に会社名や住所を変えて営業しています。

     

    このコンサルタントの特徴をお知らせしておきます。

    ・約束の時間には遅れることがとても多い

    ・契約を取るためのプレゼン資料の作成はやたらと上手い

    ・仕事をしてくれるのは最初だけ、しばらくすると全く仕事をしてくれない

    ・全くといっていいほど仕事もしないくせに報酬が異常に高い

    ・すぐに粉飾決算を勧める

    ・銀行ごとに数字が異なる決算書を作ることがある

    ・リース会社や高金利の金融会社を利用させたがる(紹介料収入が目的)

    ・融資を獲得できた時の手数料が異常に高い(実行額の10~20%程度)

    ・銀行からの資金調達が難しいと、高金利の金融会社でも平気で利用を勧める

     

    もしお付き合いをしている経営コンサルタントが、先ほどから申し上げている悪い経営コンサルタントでしたら、資金繰りや経営の改善は全く期待できません。むしろ経営がより悪化してしまいますから、絶対に付き合わないよう注意して下さい。真面目に中小企業を支援している経営コンサルタントは、私の周りにもたくさんいます。

     

    自社で付き合っているコンサルタントが上記の特徴にいくつも該当し、気になるようでしたら弊社にご連絡下さい。