• 資金繰り・経営を改善したい社長向け

    今日、100人以上が参加した異業種交流会に参加してきました。参加費は1,000円です。参加者がたくさんいるので、黙って立っていても声をかけてくれるので楽だけど忙しい。

     

    私からはあまり話さず、相手の方から「何の仕事をしているの?」と聞かれてから説明するようにしています。というのも、商品・サービスのことを熱心に説明し、それが終わるとこちらのことは聞かずに次の人のところに行く人が結構います。そういう人にこちらの話をしても無駄なので。

    114898

    異業種交流会に絶対参加しないという人からは、「異業種交流会なんか行ったってしょうがないでしょう。時間とお金の無駄」と言われてしまいそうです。

     

    正直言ってその通りですね。異業種交流会に参加する目的はほとんどの方が、今すぐ買ってくれる、あるいはそれに近い状態の人を探す事なので、見込み客はそう簡単に見つかるものではありません。それに、珍しい仕事をされている方でしたら興味を持って話を聞いてくれるかもしれませが、保険会社の方ですと「また保険屋かよ」みたいな顔をされてしまうかもしれません。

     

    私は交流会をきっかけにお付き合いが始まって、相手のことや仕事の能力をよく理解してから、仕事を依頼したいと思っています。特に当社のお客様の件で仕事を依頼するとなると、なおさら慎重になるものです。

     

    しかし、会ってその日あるいは数日後には、「御社の顧問先を紹介してください」、「買って(詳しい話を聞いて)くれませんか」という方が参加費の安い交流会だと多いように思います。

     

    今回は役所や金融機関が主催者だったので、あまり変な人はいないだろうということで参加しましたが、私の参加基準を以下に書きました。まだ参加したことがない方は参考にしてください。

     

    ・将来の見込み客になりそうな人が参加しているか

    これは会ったその日に営業するためではありません。当たり前のことですが、今すぐにはお客様になってくれなくても、将来その可能性がある方が多く参加しているか事前によくチェックしましょうということです。私の場合は経営者や起業する見込みの方が集まる交流会です。女性がターゲットでしたら、女性だけの交流会、あるいは女性の参加比率が高い交流会かどうかをチェックするようにしましょう。

     

    ・参加費は5,000円以上

    15年以上異業種交流会に参加していますが、その経験からいうと参加費が3,000円ぐらいまでだと、名刺を配りまくればお客は見つかるだろうという考えの方が多いように感じます。また、会ってすぐに「仕事をください」といってくるような人も多いような気がします。しかし、それを超えてくると(できれば5,000円以上)そういう感じの方は少ないように思います。もちろんそれ以下でも今回参加した交流会のように、質の高い参加者が多いものもあります。

     

    ・執拗な営業活動をする業種を参加禁止にしているか

    異業種交流会に参加すると、中にはしつこい営業活動をしてくる人がいます。特に、ネットワークビジネス、先物取引、投資等はそういう方が多いです。そのような営業活動をしてくる業種を、参加禁止にしているかも確認するようにして下さい(参加禁止の交流会が多いとは思いますが)。

     

    先ほど全く無駄のように書きましたが、今のお客様とどのように知り合ったのか思い出してみると、意外と交流会だったということがいくつかあります。

     

    その日に見込み客を見つけなきゃとあまり考えず、友達や仕事仲間を見つける感じで名刺交換をするといいと思います。