• 資金繰り・経営を改善したい社長向け

    従業員が数人程度の小規模企業ですと、経理だけを任せる社員を雇用する余裕がない、あるいは必要がないことが多いでしょう。その場合、社長が経理をしているか、社長が男性で結婚されているとしたら、奥さんが手伝っている事が多いかと思います。弊社のお客様でもそういう会社が多いです。

     

    そして、数字やお金の事が全く分からない社長ですと、それらを奥さんにすべて任せきりにしてしまうことが多く、何か問題(資金繰り、税金等)が発生しても、奥さんに任せてその問題から逃げてしまう社長が結構多い。

    3bd51795c009cd584ce3a3b063bf344c_s

    そのため、社長や従業員の前では明るく振る舞っていても、資金繰りの悩みを一人で抱え込んでいる社長の奥さんは意外といらっしゃるのではないでしょうか。

     

    「赤字が続いている(あるいは利益は何とか出ている)けど銀行への返済をするとキャッシュフローはマイナスになってしまう。それが続いて会社の現預金が減少し資金繰りが苦しくなったので、自分たち個人の現金を会社の口座に入金している。しかし、それもいつまでも続くわけではない」

     

    そんな状況になってしまったため、奥さんは社長である夫に相談するけど、「わかった」とだけ言って、銀行に資金調達やリスケジュールの相談をする等の行動を起こしてくれない。

     

    新しくお付き合いが始まった会社にはこんな状況という事は結構あります。

     

    新しいお客様の社長ご夫婦と私の3人で資金繰りについて会議をすると、奥さんはずっと一人で悩んでいたのでしょう、突然泣き出してしまうことは一度や二度ではありません。

     

    社長は少しでも業績を良くしようと頑張っていると思います。疲れて会社に戻って奥さんから資金繰りの悩みを聞かされるのは正直面倒かもしれません。

     

    しかし、会社内でいえば奥さんは部下です。部下が困っているなら適切な指示を出すか、問題を解消するために率先して対応するのが上司の仕事です。

     

    社長としては、経理やお金の問題についてよくわからない、銀行に相談しても嫌な対応をされるのではと不安になるかもしれませんが、奥さんが一人で悩みを抱えないよう社長(夫)として支えてほしいと思います。それが難しいのであれば、奥さんの良き相談相手を見つけてあげて下さい。

     

    資金繰りや経営改善のお手伝いを始めて、ある程度落ち着いてくると社長から「おかげ様で妻に笑顔が戻りました」と言われることがよくあります。

    d53030d1788fd2b6821e52478c33895c_s

    弊社はこれからもそのようなお手伝いをしていきます。