• 資金繰り・経営を改善したい社長向け

    食事や買い物をしていると、「領収書を下さい」と言っている人を見かけたことがあるかと思います。私もそうですが社長であれば仕事関係の買い物をしたり、取引先などと食事をしたりすると、「領収書を下さい」と言うことはあります。

     

    しかし、領収書でなくてもレシートで大丈夫です。

    a2bb1ce1c08ad40068cf74b66ab8de00_s

    というのも、レシートには日付、お店の名前、住所や連絡先、内容、金額が細かく書かれていることが多いので証拠能力が十分あります。したがって、税務調査があっても問題ありません。むしろ、領収書よりも内容が詳しく記載されているので、税務調査に来た税務署職員にはレシートのほうが都合はいいようです。

     

    飲食ですと注文したものだけでなく人数も載っていることも多いですから、その場合は一人あたりの食事代が分かります。何か買ったにしても、買ったものが書かれていれば、明らかに個人的なものかどうか分かりやすいからですね。

     

    そのためか、家族で食事をした、あるいは個人的なものが含まれた買い物の場合は、税務署に知られたくないから領収書をもらっている社長もいるようです。

     

    もし詳しく書かれていないレシートの場合は、領収書をもらうようにしましょう。

     

    レシートではなく領収書をもらうことが社内のルールになっている場合は、領収書をもらわないといけませんが、そうでないのならレシートで問題になることはありません。

     

    なお、中小企業で社長が個人のものと仕事関係のものを一緒に買って、レシートにも両方が載っている場合は、個人のものを線でも引いて消しておけば問題ありません。