ブログ

自己資本 マイナス

ホームページに来ていただいたキーワードを確認してみると、「自己資本 マイナス」はほぼ1日1回出てきます。

 

自己資本がマイナスの状態を債務超過といいます。

 

みなさんの会社の決算書も見た目は自己資本がプラスであったとしても、実体は債務超過であるかもしれません。

edccc89c8d50d9c287fb3ef08210b8c3_s

決算書の中に貸借対照表があると思います。

 

貸借対照表の右下辺りに純資産の部(これを自己資本といいます)があって、その中には資本金、繰越利益などの金額が載っています。その合計がプラスであればいいのですが、マイナスだと債務超過となります。

 

プラスであれば資産を全て現金化して負債を清算しても手元に現金が残り、それを株主に返還することができます。

 

しかし、貸借対照表というのは正しい数字を表しているとは限りません。

 

左側にある資産は記載されているだけの価値があるのか、

例えば

・長期間回収できない売掛金が入っていないか

・ずっと売れない商品が含まれていないか

・車両は減価償却せず購入した時の金額のままではないか

 

そのような資産価値の無いものを資産から引いてみるのです。金融機関でもそういう処理はやっています。

 

資産1,000万、負債700万、純資産(自己資本)300万の会社があったとします。

貸借対照表

 

資産がそのまま1,000万の価値があるとしたら、借入金などの負債を全て返済しても300万残ります。

 

もし、資産の中に次のようなものがあったとします。

・流行遅れの商品100万

・すでに倒産した取引先に対する売掛金300

 

これら100万と300万は資産価値が無く、資産は1,000万ではなく600万(1,000-100-300)となります。

貸借対照表債務超過

そうすると負債700を全て返済することができません。

純資産(自己資本)はマイナス100(300-400)になります。自己資本がマイナスの状態であり、これを債務超過というのです。

 

このように債務超過の状態は、全資産を処分しても負債を返済できないのです。金融機関としては融資をしてもいざというときに全額回収できないリスクが非常に高いので、債務超過での融資には消極的となるのです。

 

 

ピックアップ記事

  1. 経営コンサルタント+税理士で御社の経営を支援
  2. 悪質な粉飾決算は絶対にやめましょう
  3. 中小企業も書類作成能力が必要
  4. 融資を受けられない中小企業様へ
  5. 条件変更改善型借換保証

関連記事

  1. ブログ

    経理社員の不正

    経営者からすると、「うちの会社に限ってそんなことはない」「長年いて信頼…

  2. ブログ

    良い取引先と付き合いましょう

    企業が銀行から融資を受けようとすると必ず決算書を要求されますね。…

  3. ブログ

    算定基礎届事務説明会に行ってきました

    先週、当社の近くで算定基礎届事務説明会があり行ってきました。意外と多く…

  4. ブログ

    金融検査マニュアル廃止

    金融庁は8月31日、2018年7月に組織再編を行い検査局を廃止すると発…

  5. ブログ

    みずほFGは6月から次期勘定系システムに移行開始

    みずほ銀行といえば合併してすぐにシステムトラブルが発生し、東日本大震災…

  6. ブログ

    領収書でなくレシートでも大丈夫

    食事や買い物をしていると、「領収書を下さい」と言っている人を見かけたこ…

ピックアップ記事

2016年9月
« 8月   10月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

おすすめ記事

  1. ブログ

    資金使途違反に注意
  2. ブログ

    自計化とは
  3. ブログ

    横浜銀行が創業支援サービスを開始
  4. エム・エヌ・コンサルからのご案内

    当社は13期目に入りました
  5. ブログ

    経費にはできない領収書
PAGE TOP